Search Posts

キーワードで検索

 

閉じる

簡単手作り「ひよこ豆豆腐」は食事&おやつになる万能美味しい豆腐だった!


こんにちは〜。ウチヤマヒロミです。
 
日々メヒコで暮らす中日々いろいろ試しています。
新年明けたし、今年は納豆と豆腐が作れたらなあとぼんやり考えている今日この頃。
 
ま、豆腐に関しては去年からずっと手作りできないかなーーーと考えているのですが、
今回はさわり?ということでひよこ豆豆腐から作ってみることにしました。
メヒコでは大豆よりひよこ豆の方がまだポピュラーな気がします。
(こっちの市場で大豆見るのですが、メキシコ人なにに使ってるのかなー?)
 
あ、記事内の分量ですが超適当です。でもま、適当でも美味しくできるということで。
可愛くて美味しくて栄養価も高い万能ひよこ豆の力を信じましょう。それではどうぞっ!
 

 


ひよこ豆は簡単にできる!


 


まず準備は前日夜…



今回は500gのひよこ豆を使うことにしました。
材料は、ひよこ豆と綺麗な水。以上。なんてシンプル。
 
寝る前に、豆を手でこすり合わせるようにして水で綺麗に洗います。
そして綺麗な水にひよこ豆を浸水させておきます。
メヒコに来て様々なものを浸水させてきました。
なんか、米麹も味噌も全部豆浸水させるなあと豆洗いながら思いました。

 


翌日。作業開始



十分に水を吸ったひよこ豆を、ミキサーに投入します。
ここで水を多めにするとゆるめの豆腐、水少なめにすると固めの豆腐になるそうな。
あとで水分は調節できるので、あまりここでたくさん水を入れすぎないのが吉。
 

生のままだし、フープロじゃないし、大丈夫か?と思いましたが
なんとか粉砕できている模様です。
 

何度かに分けてミキサーのスイッチを入れます。
なるべくなめらかに。
 

こんな風になりました!!生の豆の香りがプンプンと。
さらに豆乳のような…香りがします。
 

うん、豆乳っぽい。
 

さらにこの液体を漉していきます。
最初サラシで漉そうとしたのですがサラシの目が細かすぎるせいか
なかなか水分が通過できず、断念。
なのでいつもやってるマッコリ漉す式でいくことに。
 
空気を吸うように日々酒を作り自己消費する生活を記事にしました。


すると濾したあとのカスが出る出る。
これはひよこ豆コロッケ(ファラフェル)の材料にしたり、
料理のカサ増しに使ったりいろいろ使えるそうです。

 


豆腐っぽくなってきた!



液体の方を鍋に注ぎ、火にかけます。
 

弱火〜中火で混ぜていると…
 

だんだんと、とろみがついてきました!!
こげつかないようにゴムベラで鍋の底から混ぜます。
 

バッドに流し込んで、固めます。
このへんは好みですが、粗熱がとれたら冷蔵庫にいれてください。

 


完成!!食べてみよう



ひよこ豆豆腐、完成しました!
口当たりは普通の豆腐よりは柔らかいです。
プリッとしているというよりは舌に当たるととろける感じ。
余計なものを何も入れてないので、ひよこ豆の自然な甘さが前面に出ていてとても美味しい。
 

夕食に出しました。好評でした!
わさび醤油も合いますが、デザートにもできます。
夫は練乳かけて食べてました。はちみつとかも合いそう〜。
 
ひよこ豆と水だけなのに、感動の美味しさです。
自然な甘さに感激しますよー。
浸水する時間は必要ですが、作業自体は簡単なので、ぜひ!!おすすめです。

Comments

よかったらコメントください!

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

内容をご確認の上、送信してください。

/* 画像サイズ最適表示 */ img { max-width: 100%; height:auto; }