旅準備中

こんにちは~。

そろそろ出発なのでこっちにも投稿してみよう。
ここ三ヶ月は職業訓練校(失業保険を貰いながら勉強できる素敵なところ)と家で
ホームページ制作を進めておりました。
今まで力技にも程がある手打ちでサイト制作してきたとはいえ、
も~~~~わからないことだらけで毎週毎週学校のhtml・CSS授業担当の
S先生を何度質問攻めにしたか…。
でもねーこのお世話になったS先生(30代・男性)がほんとに素晴らしい方で
私は心底感動しましたよ!
先生(勉強家)に質問するとすごい的確な答えが返ってくる上に
わからないと一緒に探してくれる姿はまさに先生の鑑。
出来そうで出来ないですよ、あれは。
私だったら「そんくらい自分で探せやっ!」ってキレる。すぐキレてる。
もうキレた時点で学級崩壊確定。
いやーまさか訓練校であんな先生に出会えるとは….。
たぶん物覚えが怪しい私に対して「あれ?ここ教えたんだけどな….」っていう
デジャヴ現象を一生分体感して頂いたと思いますが、
S先生ありがとうございましたっ!(ここでお礼を言うな)
それにしても訓練校の先生は人格者が多かったなー。素晴らしい。
で、サイト制作なんですが。
私のHP制作技術なんてたかが知れてるので
途中Wordpressと死闘を繰り広げた上(大げさ)
ふつーに使い慣れたロリポブログ→カスタマイズ に落ち着きましたが
内容の方頑張る予定なのでよろしくお願いします。
でも勉強になったなー、また今度Wordpress使ってみたいものだ。
えーと、話がいきなり脱線しました。
訓練校に通いつつ隙をみて準備したもの。
今迄色々旅は行ってるので足りないものを補ったり、買い足したり、
リニューアル?したり。
今はアマゾンとかあるから便利だね~。
・鍵類(ワイヤーのもの、番号式のもの)
・カラビナ
・タンポン(32個×2=64。多。)
・洗濯紐(100円ショップ)
・貴重品入れ(腰巻きタイプ)
・描きやすいノート
・折りたたみバケツ
・蚊をよせつけないスプレー(2本)
・日焼け止め×4本
・デジカメ(PENTAX Rz18)
・衝撃に強いデジカメケース
・デジカメの予備電池
・すぐ乾くタオル
・ドライヤー(1000円代なのに国産。でもこれ予想以上に大きかったな…)
・無印の化粧水(全部写さなかっただけで化粧水×4本、乳液×4本準備)
・BOOKOFFで105円の古本三冊。
「猿ぐつわがはずれた日(もたいまさこ)」
「看護婦だからできること(宮子あずさ)」
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(本谷有希子)」など
・ボトルの醤油(これを今から「命の醤油」と呼ぶ事にする)
あとみそ汁も後日購入。
あとリュックとかも買いましたわ。まだあるかな?
持ち物はサイト(「data」)の方にも載せる予定なので良かったら見てみて下さいね~。

インドのビザ(マルチプル)を取りに行く

こんにちは~。

さてはて。
訓練校も終わったことだし、出発も目の前ということでビザ取得を急がねばなりません。
何を勘違いしたか「インドとバングラとパキスタン取ればいっかな~」とか
悠長なことを考えたけどさ!
大体当日貰えるビザなんてそうそう存在しないんだから!無理!無理無理!!
パスポートも預けるんだから無理!
というわけでインド最優先ということでインドビザだけ取ることにしました。
もう他は近隣諸国でどうにかすることにします
(と、旅のハードルを無駄に上げる)
んで、行ってきましたよ茗荷谷。ひっさしぶり~~。
鎌倉から地味に遠いね~。(寝てたらすぐ着いたけど…)
ここ。
ビザ取得の代行業務を行っているジャパンオーバーシーズコーポレーション。
2008年申請時から色々変わってることが多いようで、
これから行く方はインドビザ申請センターのホームページや旅人のサイトを
参考になさって下さい~。
(私は親切にも申請用紙の内容を説明してくれているブログを見つけて
それを見て申請書類を書いて行きました。)
ここに書かれていることはあくまで2012年10月の情報ということでお願いします。
【持って行ったもの】
1、ビザ申請用紙(サイトからダウンロードして印刷したもの。)
直接来れば申請用紙はありますが、ここで書くと時間もかかるので
書き込んだものを持ってくるのがおすすめ。
ここで書くのであれば先に番号札を取るのが賢いかと。
2、証明顔写真(ビザのサイズ)。申請用紙に貼付けて。
3、パスポート。これがないと。
4、お金 注意)お釣りのないように!
六ヶ月のシングルビザは2315円。(前に来た時より値上げしてた…)
だけど六ヶ月以内に再入国する場合のマルチプルビザは3535円でした。
申請センターの隣にはセブンイレブンもあるので何か買って崩すことも可能。
【ビザ申請の流れ】
1、まず番号札を取る。
2、呼ばれる迄待つ。(聞こえてないのかいないのか?結構抜かされてる方も…)
<申請時間>
月曜日~土曜日 午前9時~12時
月曜日~金曜日 午後1時30分~午後4時
 
<受領時間>

 

月曜日~金曜日 午後5時~午後5時30分
 

 

なのですが、10時20分頃に到着したらもうかなり混雑していました。
月曜ってこともあったみたいです。
ううう、やっぱり朝イチで行かないとだめだなー…..。
84番だったのですがでもなんとか窓口が閉まる12時ちょい前に
申請することが出来ました。
それにしても申請窓口が四つある中で一つしか開いてないのがウケる!なんでっ?
ここはインド。笑
私は普通の六ヶ月のシングルビザではなく、
再入国が可能なマルチプルビザを申請したのですが、
事前にネットで調べたところ
「陸路空路含めて英語での旅程をA4用紙に書き提出しなければいけない」
との情報を得ていた為、手書きでヘロヘロ~と書いて行ったのですが
提出する時インド人のお兄さんに
「何の為にこれ書いたのあなたっ?」
といわれ若干恥ずかしい思いをしました。笑
え、だめ?だめだよね…。笑
スリランカに一度抜ける予定だったのですが
なぜかその用紙にスリランカのことを書いていなかった為
「書かなきゃ見えないでしょー」
と至極真っ当なことを言われながら旅程を書く為の専用用紙を貰い、
一度列を抜けて書く事に。
でもそれも
「1/1 BANGLADESE → INDIA」
「1/20 INDIA → SRI LANKA」
「2/10 SRI LANKA → INDIA」
とかこういうノリでいいみたいです。
都市名とかでなくて国名でいいみたいだし…..。
再度提出する時の会話。
お兄さん「あなたスリランカいくの?」
私「南インドからスリランカに抜ける!」とジェスチャー付きで説明すると
「…ずいぶん強い言葉使うね…」と何故か若干引かれてしまいました。
なんで?笑
でもなんとか受理してもらうことに成功。
(提出の際に一応自分で書いた旅程用紙も出して、と言われたのですが
ものすごく適当に書いたので提出せず。自分の用紙と、正規の旅程用紙の方の内容を
同じように書きましょう。)
そうこうしてるうちに12時。
お金だけは窓口が閉じてしまった為払えず、13:30に再度来る事になりました。
く、惜しい…
【注意】
とりあえず「インドに連絡取れる人(の電話番号記入)」が
いなくても最初泊まるホテルの連絡先でもいいから書く事。
空欄がないようにとにかく埋める!
電話番号のところにメールアドレス書いたりしてもつっこまれることがあるそうなので
とにかくそれらしく埋めて下さい。
インドだからといってもそこは見落とさないできっちり見てくるので埋めましょう~。
(ちょっとナメてた…)
さあ、受け取りは翌々日の17時~17時30分の間
(あきらかに無職じゃないと取りに行けない時間…!)
無事に受け取れるといいのですが。フウ。
それにしてもここいろーんな人が来てて人間観察には事欠かない場所ですね。
インドに染まりまくっちゃってるおばさまとか挙動不審なおじさんとか。
個人旅行でインド行くの?っていうかんじのご高齢の夫婦とか….(ほっとけ)
さすがインド(←この言葉これから何度使うんだろ…笑)