全裸では無理だけど。

こんにちは~。

癒しのリラックス空間チェンマイですが、別の顔があります。
それは
アクティビティが盛んなこと。
日本でやるより比較的安く参加することができます。
ということでやってきました、それは……
 
….バンジージャンプ!!
 
ぎゃあ!笑
いや、参加する前は
「別に大丈夫でしょー、ってかむしろずっとやってみたかった!!!」
とすら思っていたのですが、やはり経験こそ財産。
全然違ったのです。思ったのとやるのと。
思いついたのは前日。
みさきさんと相談の末、一度は頓挫しかけましたが翌日タイミングが合い行ける事に。
話を聞いたリクシャのドライバーが「1500Bで出来るよ」と教えてくれ、
更にリクシャで何カ所かまわってもらい一日300Bということで話がまとまりました。
(他の旅行代理店に頼むとちょっと高めでTシャツ付きとかもありましたが。
そんなにかっこいいTシャツでもなかった….)
バンジー場(バンジー場っていうのか?)はリクシャで30分位の所にあります。
この日はホテルで出会ったマッサージ師のともこさん
(チェンマイはマッサージの学校が多く存在し、勉強に来ている方も多くいるのです)
をナンパし、三人で一緒にバンジー場へGO!
バンジー場に着くとアンケートというか名前やら色々記入し、
「怪我しても死んでも文句いいません」みたいな書面にサイン。
あ…..っなんか段々嫌になってきた。笑
トイレ済まして(漏れたら困るからね!)いよいよ準備。
みさきさんと「どっち先いく?」って話になり、
私が行きましょう!とばかりに先陣切ってバンジーして参りました。
ああ….笑
ここ、バンジー場。
ほかにも色んなアクティビティが楽しめるとか。
準備はというと(あとで写真載せますが)まず体重を量り、
それを手の甲に書いてもらいます。(体重を手に書かれる屈辱….
つっても人は見た目と思っている派なので気にしてないけども)
そして足に重りをつけ、クレーンで上まで。
(って準備単純ー!!!もうやるのー!!!!)
クレーンで50メートル上に上がるまでに付き添いのスタッフさんから説明を聞きます。
「どこも触らないでTの字で落ちるんだよ」などなど….
といっても説明は正直怖さのあまりあんまり覚えておらず….つか準備してる時に見た
欧米人の全裸でバンジーしたアホな写真が脳裏に焼き付いて離れなくて笑
クレーンがね、ぐんぐん上がるんですが、ほんとに怖いんですよ、
がくがくしてきますこれはほんとに。笑(混乱中)
ちょっとドキドキしてきたので癒される画像をば。
池のほとりを散歩するあひるちゃんたち。
(バンジーする人の心を少しでも癒…..されるわけないだろ!!笑)
….….….….….….….
 
….….….….….
 
….….….….
 
 
….飛んだーーーー!!!
 
びよんびよん
 
びよんびよんびよん
 
ぶらーり(竹竿キャッチ)
 
よいしょ
 
 
生還!!!
えー、飛んできました。笑
写真撮影してくれていたともこさん曰く
「落ちるのが早すぎて写真が撮れなかった!」
言っていた位早くバンジーしたので、落ちる寸前の写真はないです笑
といってもクレーンが50メートル上がり、サイレンが鳴り、
間髪入れずスタッフさんが「3、2、1」とカウントし始めた時は
「ちょちょちょもう行くの!!(笑)」と慌てましたが(笑)
ここで躊躇したら飛べなくなると思ったのでひょいっと飛びました。
といっても怖くて「飛ぶ」ではなく「落ちる」という表現の方が正しい感じでしたが。笑
何もない方向にパタンと落ちる感覚…..
テレビとかでよく芸能人がこういうのやってますが、
いやすごいよ、芸能人すごいよ。
CCDカメラ?頭につけたカメラの映像とほんとに同じ映像が目の前に。
「う~~~~~~~~~~~わ~~~~~~~~~~~~~~~~」
と(多分そう言っていたと思う)叫びながら落ちると
池の水面が目の前に広がり、「池ポチャするか!?」と思う間もなく
身体は数十メートル空へ浮かび上がり、また真っ逆さま。その繰り返し。
あー、怖かった。(普通の感想。笑)
正直何分だったかとか記憶にありません。
何度も何度もびよんびよん空中に投げ出されたとは思うのですが、
5分….10分……15……何分だったんだろう?
とりあえず私は先陣切って行って参りましたんで(笑)
終わった者の余裕の表情で(笑)みさきさんの番を見守ります。
バンジー準備風景。
ここではまだ余裕の表情のみさきさん。
足が二つくっつけられる為、スタッフさんの手を借りぴょんぴょん移動。
で、クレーンで上まで。
で、私は見学者のベンチへ戻ります。笑
このあたりはみさきさんに撮影を頼みました。
みさきさん視点から。
で、みさきさんも……
….飛んだーーーー!!!
 
しかも飛んだ瞬間雨が降ってくるこの偶然!!なんでやねーん!!
 
びょんびょん
 
びょーーーーーーーーん
多分これはみさきさんがスタッフのお兄さんに撮影を頼んだと思われる写真。
上から。
と、先ほどと同じように竹竿でキャッチし、キャッチされ。
よいしょ。
みさきさんの無事生還~~~~~。
いやー、いつかはやってみたいと思ってましたが、タイで出来るとは!!!
夢がいっこ叶って嬉しいです。
慣れたらあたいも全裸で飛べるかしら!?(アホ!笑)
次はスカイダイビングだーー!
そんなバンジー体験でしたー。笑(うしろからみさきさんが笑)
ともこさん撮影頼んでしまってすみません;ありがとうございました!
次回はスネークファーム!!!
(同日だったんですが長くなったので分けましたん)

タイの北部、チェンマイへ。

こんにちはー。

いやあ久々のブログ更新だわ。
現在インドで、正月早々からラジャスターン地方のジャイプルにて
読み書き・会話・人と目を合わせることも禁止の瞑想プログラムのヴィパッサナー
十日間参加していました。
いや~勉強になったわ~。
どうなることかと思ったけどなんとか十日間こなして下界に舞い戻って参りましたよ。
それも今度まとめますね。
それにしてもやっぱりまだまだ未知な体験て世の中に沢山ありますね。
いい体験させて貰いましたほんとに。
ブログもがしがし更新してきますよー!
さて、まだブログ上ではタイ。笑
バンコクからチェンマイへの移動編なのですが、ほんとはロイクラトン
(コムローイという灯籠を空へ飛ばすお祭り)
見に行くはずが間抜けなことに日付を間違えており、
でも電車予約したからひとまず行こうと。
チェンマイはずっと気になっていた場所だったんですよねー、だからまあいっか!笑
ではバンコク→チェンマイ移動編、どうぞ!
出発はバンコクのフアランポーン駅から。
みさきさんのさすがのディスカウント交渉術でカオサンから割と安めで
(タクシー利用で)駅まで行けることに。さすが。
夜のフアランポーン駅。
出発を待つ人達とこの夜の光の具合、出発前のドキドキが相まって
夜の駅構内って興奮しますね。笑
駅構内の様子。
切符売り場など。
どこでも犬猫が入り込んできちゃうタイの駅。ぐでっと寝てる犬。
食料を少々調達し、電車を探します。
スチームで掃除中?の駅のホーム。
駅職員かと思った人に聞いた違う車両を教えられ、
ずいぶん遠くに行ってしまったけど(笑)なんとか電車を見つけ、乗車!
私たちの席は寝台(私が上でみさきさんが下)です。
早速ちょっと撮影。
洗面台など
トイレの案内?など
なんかホモォーな感じのする(でも爽やかな?)広告など。
歯磨き粉の宣伝にホモ効果は必要あるのだろうか。
ここ、トイレ。
こんなとこで寝ます。ちなみにノーA/C(ファンはアリ)の安い寝台です。
(寝台で寝られるだけでもマシなんだけど)
マレー鉄道と違い、荷物が下にはいりません。笑
仕方ないので立てかけてチェーンをかけておきます。
さて、電車は
22:00~に出発….このまま順調に行けば翌日の13:00にはチェンマイ….
着くのかなー。
出発して、すぐ寝ました。笑
おやすみなさーい。
……..zzzzz
…………………….
おはようございまーす。
目の前には緑の畑が。おおお。都会を飛び出しましたね。
みさきさん、朝のティー。
私は売り子のおばはんがいちいち「旅行者は金あんだろ」的な悪態を
いちいちついてくるのがむかついて買わず(笑)売る気ないよなー。笑
これは予約すればくる朝食。
というのも食堂車は10:00には閉まるとのことで。
ちょろっと食堂車見に行ったけど、割と高めで
(というかマレー鉄道とメニュー一緒!)やめる。
食堂車にただいるだけならタダらしいが。
車内のスタッフの売り子のおばはんが何か売りにくるたびに何度も
「日本人は金あんのになんで買わんのや」
とかいらない一言を添えてくるのが余計(笑)
………そして二度寝しました。笑
(下の座席はみさきさんが使用中だったのでそんな早く仕舞わせるのは
少し忍びなく….笑)
おはようございます(二度目)笑
みさきさんが席閉じてくれた!
11:00位に二階席から降りて来ました。
朝食代わりにクッキーなどをかじって。
ローカルな駅を電車内から眺めていると。
売り子さんが!!!
パッタイ弁当(20B)なども。
そらもう買うでしょう。当然買うでしょう。
 
まあ美味しくはないんだけどね。(昨日の夕飯の残りの味がした)こういうの大好き。
スイカも買うよ!!!
やたら量が多いよ!!カオサンが少ないだけ??
のどかな風景を眺めているうちにみるみる到着時間の13:00を過ぎ…..
まあありがちなことなんだけど…..
途中雨も降ったりしながら。
空も夕焼けになりかける、17:00。
やっとチェンマイに着いたぞ~~~~~!!
旅行者みんなの心がひとつに笑
そしてまあスムーズっちゃスムーズに赤い乗り合いソンテウに乗り、ターペー門へ。
もう夜になるっちゅうねん。
と、外へ出てみると….
あっなんかお祭りー!!
屋台も沢山。
シェイク屋さんも。
タイはなんでもあるねー!
スーシー!!
肉団子。
そこで日本人の旅行者と出会いご飯に一緒に行く事に。
モンクたちが祭りの準備?をしている。
すると、おっ!!
コムローイをあげようとしてるー!!!
しかも銀行職員みたいな方々が笑
ふわっ
ふわ~~~~~~~~
ふわわわわわわわわわわわ
 
うおおお~~~~
 
奇麗だな~~~
気付けば、夜空に浮かび上がる黄色い幻想的な光の数々。
広場ではみんなコムローイを買い、あげています。
いいなあ。
ロイクラトンのメインは終わってしまったけど、まだお祭りやってるみたいだし
しばしチェンマイを楽しもうと思います!
うーん、それにしてもなんかみんな「チェンマイおすすめ~」と言っていた気が
分かる気がして来た…すでに。
さて次回はチェンマイで絶叫編。

ヘビと小動物と私。スネークファームにいってきた

こんにちは~。

バンジーの興奮冷めやらぬまま、スネークファームへ。
バンジー場からめっちゃ近い。
ここ行きたかったんですよね~。
こじんまりとしてる、地方にあるバナナワニ園みたいな感じかなと
予想していたんですが、いやバナナワニ園とかよりはかなり小規模なんだけど、
ここが面白かった!
スタッフ&ヘビ使い達のポテンシャルが半端無かった。
ざっとですが紹介しますね~。
入り口から
どどん!
とヘビの全体スケスケ図(解剖図といいなさい)
ふむふむ、ヘビの身体の中はこうなっているのか….って
単純に見えるけど実際どうなん?
て、入って2分で肩にヘビ乗せてくれます!!
2013年はヘビ年だしね!!!めでたいなー!!!!
ひんやり重く、ヘビが顔を近づけてくるのが印象的でした。
ヘビ、肩に乗せてみたかったんだよねー!!!
やりたかったこと(バンジーとヘビ)同じ日に二つも達成しちゃったぜい。
小動物たちが怯えています。ぷるぷる。
彼ら、餌じゃないよね….?ちゃんと飼われてるんだよね….?
そしてヘビ、ヘビ、ヘビのオンパレード!!
なぜこんなにも!!
そこかしこに!!!
ヘビ達が!!!
よりどりみどり!!!(緑きれーい!)
「……………」
意外に可愛い顔をしています。
黒目がうるうるしています。こんな目で見られたら連れて帰っちゃいそう。
そしてまたしても固まって怯える彼ら。プルプル。
え、え、餌じゃな……(しつこい)
なんかねえ、スネークファーム自体が雑木林を切り裂いて作ったようなとこにあって
そのへんにヘビが脱走していそうな妄想をしてしまうのです(笑)
そしてメインのスネークショー!!!
さきほど入場した時には他のお客さんがショーを観覧していたので
「先ケージの中のヘビらをみてきて」と言われショーは
最後におあずけ、という流れ。
お客が入ればスタートという、嬉しいサービス精神。
スネークファーム自体が10分もあれば回れてしまう小ささなので、
スネークショーの観覧席とかもほったて小屋クオリティなのですが
それが また、ね!!!
客とヘビ使いの距離が近いっていうかね!!!
まずコブラ使いのお兄さん。
両足の膝をくいっくいっと動かして。適度に挑発。
ここでちょいちょいいじります。
あっ、コブラが増えてる。
敵が増えましたよ。
ポケモンばりの可愛さ。
あっ、そんな余計なことを….
ヘビ型ポケモン(いやコブラなんだけど)に
ちょっかい出すお兄さん。(やめときゃいいのに….)
ちゅっ。
とそこで耳をつんざく
「アイラブユうううう!!!!アイミスユううううう!!!
と間の手?をいれる司会のおばさん。
観客の心がまだそこまで盛り上がってないのに無理矢理
テンションマックスまで引き上げてくれます。
あわわわわ……
こちら観客席では数メートルの距離で行われるスネークショーに
一喜一憂しているのですが(日本人女性3名)途中参加した年配の中国人数人は
そのノリについていけないのか、年齢のせいか、かなりの醒めた態度です。
そんな観客席とは打って変わって盛り上げまくりのアナウンスのおばはん。
(むしろこの人が一番の盛り上げ役だった)
「スネーク、ほにゃららららハーフナワーダ~~~イ!!!」
(「噛まれたら30分であの世逝き!!」)(カチャカチャ)
ぐびり。
「ベリーベリーデ~~ンジャラ~~~ス!!!!!!」
饒舌な司会の合間にティーブレークするという玄人ぶりもしっかりと見せつけつつ、
でも内心「このおばはんの表情がデンジャラスだ」と薄々感づきつつ、
ショーは円滑に進みます。
自慢げに高々と。
あわわわわわ……..!!
合間に合間にヘビの毒摂取などの小ネタもはさみつつ。
続いては若いヘビ使い。
ヘビに顔を近づけて…..
ぱくり。
ぎゃあああああああ
小学校のときいたあああああこういう人おおおお

 

消しゴムのカスとかなんでも食べちゃう人!!!!
あわわわわわわわわわ
続いてはちょっと慣れた感じのおっさん。
と思ったら逃げ出したああああああああ
そもそも数十センチしかないこの円がおかしい(笑)
観客席混乱。笑
近づいて……
ちゅっ。
(心無しかヘビがぐにゃ、って脱力した)
もうええっちゅうねん。笑
てか段々ヘビに同情してきましたよ….大変だな毎日おっさんとキスする仕事……
最後にヘビの飼育箱の中から○○を観客席に投げて私らが大騒ぎして終了。
(是非直接行ってみて下さい笑)
なんか「わー」とか「ぎゃあー」とか言ってたら終わってました。
いやー楽しませて貰いましたわー。いやはや。
次はタイガーパーク?
虎に触れるみたいなのですが。実際行ってみると入り口に
んなっ。
なんと虎の大きさと枚数によって写真撮影の値段が違う…..
大人の虎420B、中位の虎520B、子供の虎620Bだそうです;
えええええ~~~
あまりにシステマティック…..
そこまで虎と撮影もしたくないし、400B以上あったら美味しいご飯食べられるので
ここはやめとこー、と皆でチェンマイ市内に戻る事に。
ともこさんの案内でベジタリアンの店に行って、昼食。
ここは肉を一切使っておらず、見た目肉みたいなのも
キノコを濃く味付けして焼いてあったりするんです(歯ごたえもかなり肉に近い!)
ちなみにベジの店って「齋」みたいな文字が書いてあります。
気付けば町中でもよく見かけるわ。
そのあとは日本に修行に来ていたタイ人のパン職人さんの店「BAANベーカリー」
に連れて行って頂くことに。
(以下三カ所はともこさんに紹介して頂いた所です。)
ここが看板。
に、日本やんけ~~~~
カレーパンが人気だそう。売り切れてたから今度は早めに来なくちゃね。
ここで珈琲飲んで休憩。
午後はモン族の市場(モン族柄のグッズが豊富!)
布が安い市場など穴場を案内して頂いたり。
バンジー、スネークファーム、市場、と盛りだくさんな一日でした。
まだチェンマイは終わらないんですが….
チェンマイのお祭り写真どうやって載せようか考え中~。
ともこさん案内して下さり本当にありがたかったです!
ありがとうございました。