Search Posts

キーワードで検索

 

閉じる

サンクリから日帰り!大自然の中を行く”スミデロ渓谷”ツアー!


こんにちはーウチヤマヒロミです。
今回はサンクリストバル・デ・ラス・カサス(以下サンクリ)に住んでから
なんと初になるツアーに参加してきました。(初って!涙)
その場所の名前は「スミデロ渓谷(Cañón del Sumidero)」!!
旅人から評判がいいのは聞いていたのですがどんな場所なのかずっと興味があったので
お客さんが少なくなったタイミングで行ってきました。
いや〜、とってもよかったです!おすすめなので、まとめてみました。
諸々の情報は一番最後に書いておきます。それではどうぞ〜!
 
(2019年8月現在情報メキシコ1ペソ=5.4円)

 


いざスミデロ渓谷へ!


 


朝8:45にパルケセントラルに集合



宿までピックアップに来てくれるツアー会社もあると思うのですが、
今回はソカロ集合のツアーに参加しました。
 

私たちは五分遅刻しましたがなんら問題なかったです。
大幅に遅れる方もいなかったので9:00には問題なく出発!
(ひと組だけ、例外的ににご夫婦をとあるホテルまでピックアップしていましたが…。
妊婦さんだったからかな?)
車に乗り、すぐにうとうとし始める私たち。

 


10:00には船着場へ到着



1時間ほどすると船着場へ到着!こんなにすぐ着くんですね。
場所としてはサンクリのあるチアパス州の州都トゥクストラグティエレスの近くです。
 

黄色いボディにワニのイラストが入った船がずらーり。
 

観光地らしく、おみやげ屋さんがいっぱい並んでいます。

 


10:30には乗船!いざ河を行こう!



ツアーは滞りなく進んでいきます。
レストランが入っている船着場、その建物の中に入っていくと…
 

スタッフさんが私たちの体格に合った救命胴衣を渡してくれるので、自分で着用。
 

救命胴衣の後ろに描いてあるシュールな絵。(ヘタウマ?…下手?)
 

船に乗ってしまうと2時間トイレに行けないので、ここで済ませておきましょう
(トイレ5ペソ)
 

さらに案内のおじさんが腕にチケット(これなんていうの?)を巻いてくれます。
 

車に乗ってきたグループごとに順番に乗船していきます。
 

はいはい、気をつけて〜
 

いざ出発!(続々出発します、これは別の船)
 

ツアー序盤は空、けっこう曇っていました。
船の一番後ろにいる運転手(兼ガイド)のおじさんが色々説明してくれるので
(全てスペイン語)わかったような、わかんないような部分もありつつ進んでいきます。
後ろの席のカナダから来たご夫人は隣の席のドイツ人女性に
スペイン語を訳して貰っていました。
ちなみにお客さんの内訳は大半がヨーロピアン、
あとはメキシコ人、アジア人は私たちしかいませんでした。

 


次々目の前に現れる野生動物



走り始めてすぐ、カワウソがヌメヌメと水中を泳いでいて可愛かったです!
潜って泳いで、全く違う地点から顔を水面に出すので面白かったです。
カワウソって泳ぐの速いんだなー。
(写真、撮りましたがわかりにくかったので不掲載)
というか、こんなにすぐ野生動物に会えるの…??
あ、写真はワニです。子供ワニだな。
 

動物が現れるとみんな揃ってカメラを向けます。
 

子供を抱えたお猿さんもいました。オスの猿もいたな〜。
 

写真を撮るべきスポットや動物を見つけた時は皆席を立つのですが、
運転手さんが船のスピードを落としてくれるので安心です。
(それ以外はわりと飛ばしています)
 
運転手さんがところどころ説明を入れてくれます。
「ここは崖から水面まで1000mあるよ」とか、
「ここは水深140mあるよ」とか。(そんなに深いの…?)
 

シロサギ。
 

ペリカン。
 

皆激しく写真を撮りまくるので途中からこんな人間の姿が滑稽に感じてきました。
(おい!)
前のメキシコ人カップルとか、カメラみてる時間の方が長かったんじゃないかな。
救命胴衣脱いで自撮りしたり、船の先端の方に行って自撮りしたり、見てて忙しかったなー。
しかも皆、席から立つんですけど、立たれると前が見えなくなるのがちょっと…。
でも「立つな」って案内なかったので自由なんでしょうね。
 

お猿さんを撮影するために順番待ちする船。
 

船を進めていくと…
グアダルーペが祀られている小さな祠のようなものもあります。
ここの岩肌が薄茶色とピンクだったのですが、全て自然の色なんだとか。
 
船はスピードを出しつつ、次のポイントへ。
このツアーに参加した旅人から「ゴミがすごかったです」と聞いていたのですが、
たしかにゴミが凄い場所ありました〜!!
ペットボトルがポコンと浮いているのが見えて、
改めてペットボトルって環境に良くないんだなと…。

 


見所!自然の作り上げたクリスマスツリー



だんだん晴れてきました!
 

面白かったのが、「クリスマスツリー」と呼ばれるコケの模様。
自然が作った奇跡なんでしょうけど、形がまさにもみの木!
 

崖の中腹から水が噴き出していて、それがこの苔の模様を形作ったんですね。
運転手さんがこの下をあえて通ってくれるので、濡れました。笑
ディズニーランドのようだ。
 

お隣の船の人に手を振ったり。
 

ここまで来たらあともうちょっと
 

後半、折り返し地点を目の前にして晴れてきました。(暑い暑い!!)
 

ここが折り返し地点のダム!水流はグアテマラの方から来ているとのこと。
遠くに見える像はダムを作った人なんだとか。
 

ダムを眺める同行者の二人(手前が夫サトー、奥が8年前トルコで出会ったカンタくん。)。
 

ここで小休憩。
といってもスナックやミチェラーダを積んだ船が近づいてくるだけなのですが。
あんまり買っている人いなかったかな?
食べやすいサイズに切ったヒカマ(こちらの甘くない梨みたいな野菜)も売っていました。
 

ちなみにミチェラーダが50ペソでした。
(ミチェラーダ=ビールとライムジュースにソース、スパイス、トウガラシ等を加えて作る
メキシコのビールカクテル)
夫サトーはビールのみの値段を聞いたのですがよくスーパーで安売りしているビールが
とんでもない値段だったのでやめました。笑
 

ここからはもう折り返すだけなので、びゅーんと飛ばして最初の船着場を目指します。
でも途中ワニがいました。可愛いな。

 


約2時間の旅を終え、12:30ごろ船着場へ到着!



無事船着場へ戻ってきました!
売店でアイスを買おうとしましたが、高い予感がしたのでやめました。笑
ちなみに売店では「THEおみやげ」なダサめなTシャツなども販売しています。笑
救命胴衣を返し、船着場を出て、車へ乗り込み、さらに移動します。
 

河の地図。

 


13:00〜近隣の町「チアパデコルソ」へ



まだまだツアーは終わりません!
近隣の町「チアパデコルソ Chiapa de Corzo」へ。
13:00〜ここで1時間のお昼休憩を取ることに。
無愛想なドライバーのおっちゃんに「集合時間の10分前にここ来てね」と言われ、自由行動!
 

こじんまりとしたコロニアルタウン、チアパデコルソ。
なんと標高2000m越えのサンクリより1500mも下がるそうで!
暑いわけだ〜。
小さいメルカド(市場)にて昼食を取ることに。
 

中を歩いてみると
 

お客さんが多い食堂があったので定食を食べることに。
カンタくんはサルサヴェルデ(緑のソース。そんなに辛くないらしい)、
私はモレソース(カカオとチリの入った甘辛いソース。こちらのカレーみたいな物だろうか)、
夫サトーはカルドデレス(牛肉のスープ。野菜ごろごろ)をオーダー。
全部美味しかったなあ。
 

こちらではポソルという茹でたトウモロコシと炒ったカカオで出来た飲み物が
飲まれています。
調べてみたらトウモロコシとカカオの二つはどちらもメキシコがルーツの食物なんですね。
(そしてポソルはタバスコ州の飲み物なんですね!)
オアハカにも「テハテ」という栄養たっぷりで一杯飲んだだけで
お腹いっぱいになっちゃう飲み物があるのですがそれを思い出しました。
「神の飲み物」と呼ばれるわけだ。
 

小さいサイズ(25ペソ)のポソルを試してみました。
さらっとした喉越し、甘くて、少しシナモン風味。
最後飲み干す時には器の底にトウモロコシの粒とカカオのどろっとしたのが残っていました。
一番大きいサイズを頼んでる人がいて、
あれだけ飲んだらお昼ご飯代りになるかも…と思いました。
 

きっとお店によって味が違うと思うので人が多いところを選びましょう。
このお店の看板が可愛かったので一枚パシャリ。
 

ここチアパデコルソは町の規模に反比例してパルケセントラルが
ひろびろ〜としています!
ちょっとインドにありそうな建物ですね…。
 

建物の中。
みんなここで涼んでいます。暑いからこういう憩いの場所があるといいですね〜。
 

犬も休んでいます
 

どこの都市にもある立体文字!!ここにもありました。
珍しい木製でしたが!
もう14:00の待ち合わせ時間になってしまったので車へ戻りました〜。
有名な富永マップを見ると「この町は3時間ほど歩ける」と書いてあるそうな。
チアパデコルソ、素朴で静かで、いいところでした。
 

 


15:00〜サンクリへ



お疲れ様でしたー!もう夕方の15:00です。サンクリに到着しました。
やっぱりサンクリは涼しい!気候最高ですね。
着いたあとは集合した場所で下車、自由解散です。

 


詳細/まとめ



(写真はチアパデコルソのスーパーの前にあったゴミ箱。)
今回のツアー、値段・ボリューム・内容ともにとってもよかったです!
サンクリから少し行くとあんな大自然が広がっていることも感動ですし、
日帰りで帰ってこられることも○。
値段は以下の「ハラペーニョツアーズ」にて250ペソでした。
私たちは前日に予約しました。
朝8:45にソカロに集合、15:00にはサンクリに帰ってこられます。
変なおみやげ屋さんに連れていかれることもなく、ストレスもなかったです。
ただスペイン語しか通じない?ので説明をちゃんと聞きたい方はきついかも。
でも多少わからなくても動物みたり、水上をボートで進んだり、問題ないと思います!
 
補足ですが、船は屋根がなく、2時間太陽にさらされっぱなしなので
日除け対策必須です!
(日焼け止め/サングラス/帽子/パーカー/布などの用意)
私たちが行った時は雨は降らなかったですが、降る場合も勿論あります。
雨除け対策?もしていった方がいいかもしれません。
ちなみに自力でも行けますが、ツアーの方が安いです。(ここ大事)
いやー行ってよかった。ご興味ある方ぜひ行かれてみてくださいー!
 
【地図】ツアー会社「ハラペーニョツアーズ」色んなツアーを取り扱っています。

 


場所


【地図】スミデロ渓谷

 
【地図】チアパデコルソ

 

Comments

よかったらコメントください!

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

内容をご確認の上、送信してください。

/* 画像サイズ最適表示 */ img { max-width: 100%; height:auto; }