Search Posts

キーワードで検索

 

閉じる

内装がおしゃれ!ミチェラーダの名店「Cocoliche」!


こんにちはーウチヤマヒロミです。
 
今回は人気店「Cocoliche San Cristobal」をご紹介。
でもとくに私はここお勧めではありません。
二度行きましたが、メニューがハズレすぎました…。
でもま、内装は可愛いし、ライブとかも頻繁にやっているそうなので
一応こんな感じのお店だよというのをお伝えできれば幸い。
 

 


「Cocoliche」ご紹介


 


立地は最高!



「Cocoliche」はメインストリート・グアダルーペ通りの横道を入ったところにあります。
 

ひときわカラフルなライトがチカチカしているので、分かりやすいはず。
 

外からもおしゃれなのがわかります。
 

ここはほんとにサンクリか?という内装。
 

決してシンプルな内装ではなく、コチャコチャしています。
なぜここにこのインテリアを置いた?と謎に思うものがいっぱいあるのですが、
なーんか不思議とマッチしてるんだよなあ。
家具もなかなか凝ってます。
 

カウンターもあります。
 

ちょい奥の席。
客層は地元の人というよりは、お金持ちメキシコ人とヨーロピアンの旅行者が主です。
従業員さんも外国人に慣れてる感じ。
 

ライトも凝ってる〜。
個人的にはライトの右側にあるリース
(こちらの民芸品の毛玉のぽこぽこみたいのでできてる)みたいのがツボでした。
 

 


メニューご紹介



英語メニューです。
 

凝ってるなあ。
 

お値段高め。
ちなみにここ、ミチェラーダの名店だそうです。(旅人情報)
でもサイズが大きすぎて、飲み切れないんだとか。。
 
ミチェラーダとは…
《ミチェラーダ(Michelada)は、ビールとライムジュースにソース、スパイス、
トウガラシ等を加えて作るメキシコのビールカクテル。
冷やして縁に食塩を盛ったグラスで提供される。
メキシコ及びラテンアメリカで様々なバリエーションがある》…だそうです。

えー、大きな声では言えませんが以前この店でカンボジアカレーをオーダーして大ハズレ。
なんというか、「ピクルス液を温めて、その中に野菜ぶち込んで煮込んだような」味でした。
絶対これ本当の料理の味知らないで作っただろ…と
殺意を覚えました。
←言い過ぎ。
 
そんな私たちがここでオーダーしたのは
 

フライドポテト(69ペソ)と、ショコラテ(35ペソ)。なんでやねん。
夫サトーはハイネケン。
 

変わったものを頼むと外れると思い、フライドポテトを頼みました…
が、普通の冷凍食品のポテトでした。
 

ショコラテは、普通。笑
 
…なんか、ここまで書きましたが、
この店に対する印象が良く無さすぎて熱が乗りません笑
 
お金払って実際行ったので言わせてもらうと、コップとかオリジナルで作るこだわりなのに、
食事メニューにかける熱意が……なんかイマイチ。
一見さん(旅人)ばっかりが来る(か、それか味のわからない人が来るか)せいか、
値段もそこそこするのに食事に対して適当。
(正直うちの宿で出してる食事の方が何百倍も美味しい…)
 
トリップアドバイザーとかでは良い点付いてるんですかね??
内装がおしゃれで雰囲気抜群なのに、
料理の内容が内装に負けちゃっている感が否めない。惜しい…。
これで味がよければなー…。

 
食事よりはお茶飲みに行く店だなと思いつつ、
もっとこのお店より飲み物安くてこだわりがある店いっぱいあるしなあ(ぶつぶつ…)
 
でもまここまでボロクソに言っておいてなんですが
私が美味しいメニューに出会えてないからなのかも…。
 

お会計のレシートが入ってきたホーローカップは可愛かったです。
(そこかよ)
でもま、日本の下北沢にありそうな内装のお店なので興味ある方はぜひ。
でももし行く場合、どう間違えてもアジアンカレーだけは
オーダーしないでと言わせて頂きたい。涙

 


Cocoliche 場所


 
【地図】

Comments

よかったらコメントください!

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

内容をご確認の上、送信してください。

/* 画像サイズ最適表示 */ img { max-width: 100%; height:auto; }