Search Posts

キーワードで検索

 

閉じる

コロナワクチンを受けてきました(メキシコで)


こんにちはーウチヤマヒロミです。
ものすごく久しぶりの投稿になってしまいました。
というのも、2020年の大晦日に帝王切開にて出産し、
3ヶ月後に州を跨いで大掛かりな引っ越しをしたりと
人生において最も目まぐるしい毎日を過ごしていました。
 
今回はメキシコで初コロナワクチンを受けてきたので一日の様子を書いてみようと思います。
 
(2022年3月現在情報メキシコ1ペソ=6.15円)

 


コロナワクチンを受ける!


 


メキシコワクチン事情



ちなみに私がワクチンを受けた2022年3月現在では、
永住権(ビジネスビザ)を持っている人がワクチン権利を取得できる状況でした。
旅人だと受けられないということですね。
でもまあコロナで旅人少ないし、みんな母国で受けてきているだろうってことかな?
 
ですが同年6月以降はワクチン接種場所が増え、もっと気軽にワクチンが受けられる…ということになるようです。
(ま、メキシコだからそれがどれくらいの早さで設置されるかわからないけれど。)
というのも、グアダラハラはメキシコ第二の都市ということもあり
めちゃくちゃ広いのにワクチン会場が二つしかない状況で、
みんなワクチン受けにいくのに不便だろうと思っていたので。
早くいろんな場所にワクチンテント出来てくれたらいいなあと願う次第です。
 
ちなみに外国人の私たち(永住権取得済)がどうやってワクチンの予約をとったかというと、
夫の会社の事務の方が予約をとってくれ、書類も用意してくださったので
自分ではなんの手間もなく…。
夫の会社の方には本当に感謝しかないです。
ちなみにワクチンを受ける時間と会場、ワクチンの銘柄はランダムなので選べません。
(銘柄はアストラゼネカでした。←夫も。
メキシコシティに行くと銘柄によって会場が分かれていて、選べるのだとか。)

 


なぜ受けることにしたか(読み飛ばし可)



メキシコではもはや国民のほとんどが受けているコロナワクチンですが、
私は今回が初のワクチンでした。汗
なぜこんなに先延ばしにしたかというと、何も考えずに受けたくなかったからです。
受けるなら色々調べてから…と考えていたのもありますが、
去年は赤ちゃんのお世話をしていててんてこまいということもあり、
そこまで余裕が持てなかったのが大きいかもしれません。
(人のいっぱいいる会場でコロナもらいそう…とか
不謹慎なことを思ってしまったのは秘密です)
ちなみに夫は毎日通勤するのに公共のバスを使っているため
「NO」の選択肢はなかったと思います。(順調に3回接種済)
 
ワクチン接種を先延ばしにしていた私が受けようと決意したのは、一時帰国する目処が立ったため。
大切な家族友人に胸張って会いたかったので…。
これは自分だけの問題ではないなと思ったら、そのあとは早かったです。
(でも自国にずっといるとかなら受けてないと思います。そういう人多そうですしね)

 


コロナワクチンを受けに行こう


 


会場へ移動!



車を所持していない私たちは、まずメトロ(電車)の駅にいくためバスに乗らないといけません。
ところがなかなかバスが来ない…..焦った私は結局Uberを使いました。(チーン)
写真はUberにお世話になり到着した駅「Santuario Martires de Cristo Rey」
大型スーパーチェドラウイの前の前の駅です。
 

ギター背負ってる人いる。
 

路線図。
メトロいいですよね。バスより確実に来るし、早いし。
グアダラハラのメトロは路線が少ないのでわかりやすいのも◯。
 

メトロに乗り込みます。
ワクチン会場は終点駅なので、窓の外を眺めながら40分ほど考え事。
お年寄りが乗ってきたらみんな当然のように咳を譲るので私もそれに倣い咳を譲りました。
 
会場最寄りの駅「Auditorio」に着くと全員下車するので私も人の流れに乗って駅の外へ。
Googleマップを頼りに会場へ向かいます。
 

会場の周辺には軽食やお菓子を売る屋台や、
ごく数軒ですが有料トイレなどで開放してるお宅もありました。
ワクチンを受けにきている外国人は見つけられませんでした。
知らない人にすれ違いざまに「チーノ」と言われたのが印象的でした。
 

Googleマップばかり見ていたせいか、入り口がわかりにくくて
無駄に広い会場をぐるりをまわってしまいました。(ひ、広かった…)
 

あっ、なんか入り口にたどり着けそうな予感
 

案内の方に聞いたり、人の流れについていくと…。

 


会場へ到着!入場(写真少なめ)



やっと入り口です。
入り口にいる案内の方に書類を見せて「初回なんですけど」と告げると
「あっちに向かってね」と親切に教えてくれました。
 

会場内にずんずん進むと書類を提示するところがあるので、そこで係員さんに提出。
オッケーをもらうとさらに中へ。
 
会場内には案内の方がそこここへ立っていて、わからないとすぐ聞けるようになっています。
そこで前に並んでたヒメナちゃん(すらっとしてへそだしファッションのすごく今風女子)と
目が合ったので「ワクチン一回目?」と雑談が開始。
「なんで今頃ワクチン受けるの?」と聞いてみると「旅行がしたいから」との答え。
詳しく聞いてみると「親戚がスペインにいるから会いに行きたい」とのこと。
だからまあ仕方なく受けるんだけどね、というニュアンスを感じとりました。(勝手に)
日本に帰りたい私とほぼ同じ理由だな〜と思い、なんだかとても親近感。
今この時期、こういう致し方ない理由でワクチンを受ける人、多そうだな〜と思いました。
 

席に座って写真撮ってたら係員さんに怒られました。(おい!)
前に座るのはさきほどお話したヒメナちゃん。
 
ここにいるのはずっとワクチンを拒否し続けてきた人たちなのか…と思うと
わずかな仲間意識が芽生えます(いらない仲間意識)
 
ワクチン1回目を受けるためのパイプ椅子に座ると、係員さんからアナウンスがあります。
(当然スペイン語だから完全にはわかりませんがなんとなく理解)
そうするといよいよ注射。
 

カートに注射セットを乗せた係員さんが、前の人からぷすぷすと機械的に注射していきます。
 
順番はすぐまわってきていよいよ自分の番です。
針が刺されてチクリ、のあとにぎゅっと筋肉の方に深く針が刺ささっていく感覚がありました。
刺された箇所にワタをあてがってもらい、あっという間に終了。
さらに手持ちの書類の下半分に柱に書いてある番号を記入し、
真ん中から半分に切り、半分を手元に、半分を提出して終わり。
(前の席のヒメナちゃんが私がちゃんと記入できてるか心配して書類を確認してくれました)
←優しい!
係員さんに
「今日のシャワーの時はごしごしこすらないでね」などの基本的な説明を受け、終わり!

 


接種したあとは帰りましょ。後日副作用は?



無事注射を受けることができたので帰宅!
帰りはヒメナちゃんと少し話してトイレ寄って帰りました。
もう少しでこの会場は子供専用のワクチン会場となるそうです。
なので大人はそのへんで受けられるようになるとか。
 
ちなみにワクチン副作用ですが、微熱の時みたいなダルさはありましたが熱はでませんでした〜。
あえていうならダルさ+眠気がありましたね。
(夫はがっつり38度でてました!)
でも大体みんな1日で副作用は治るみたいです。
 
早くワクチンなんていらない世の中に戻ってほしいですね。
以上、メキシコでコロナワクチンリポートでした!!
(そろそろ2回目受けにいかないとなー。)

 


ワクチン会場「Auditorio」場所


【地図】

PAGE TOP
/* 画像サイズ最適表示 */ img { max-width: 100%; height:auto; }