Search Posts

キーワードで検索

 

閉じる

ワインお代わりするとタパス一品付き!おすすめBar「La Viña de Bacco」


標高2000m越えにあるサンクリでは、朝夜冷えるけど昼間はカラッと暑い気候が特徴。
そんな太陽の下で一杯呑みたいな〜というときにおすすめなのは
Bar「La Viña de Bacco」!!!
 
前々から知ってはいたものの「いつもヨーロピアンで賑わってるな〜」くらいの認識でした。
でもある日、天気のいい日曜日になんとなく夫と入ってみたら…
なんとも入りやすい、とってもいいお店でした。
 
ちなみに店名「La Viña de Bacco」の意味は
「Viña」=ぶどう畑、「Bacco」=ローマ神話のワインの神様バッカス神、
のことだそうです。
 
(2018年9月現在メキシコ1ペソ=6円)
 

 


Bar「La Viña de Bacco」の店内はごっちゃとしてるけど味のある空間だぞ


 

サンクリのカッと照りつける太陽と青空。こりゃ昼間から呑むしかない
 

場所はサンクリで一番賑わう通り、グアダルーペ通り。
通りをまっすぐ行くとすぐ右側に見えてきます。
席は店内、路面席があります。いつも混んでるのは路面の席。中の席は大抵座れます。
だいたいお客さんで混み合っているせいか、店の前にはいつも楽器演奏者が。
 

こじんまりとした店内にワインボトルがずらり。
一見ごちゃごちゃしてるなあとしてますがどこか落ち着く店内。
ワインをラッパ呑みする天使の絵がいい味出してます。
 

素晴らしいワイングラスの数!
 

ちなみにこれは夜の店内。夜もまた、いい感じ〜。落ち着く〜。
大抵週末やお祭りのときなどは店の外でライブをやっていて盛り上がっています。

 


エンドレスワイン、タパス天国。


席に着くと英語とスペイン語のメニューどちらかを持ってきてくれます。
なにかオーダーしようそうしよう。
お通しでポップコーン。ポップコーンにうまく塩が絡んで美味しいんだな。
多分これはフライパンに油を敷く時点で塩を入れてるんだな。(完全なる予想)
 
ちなみにこの店、昼にはオープンしてますが食べ物が13:00過ぎないとでてこない場合が。
その場合はエンドレスポップコーンになることも。
 

まあ最初なので適当にワイン(甘めの”rambrusco”がお気に入り)を頼みます。
特筆すべきはここ、
なんとグラスワインが20ペソ(=120円)から飲めるんです!
さらに自動的にタパス(薄いバゲットにおかずが乗ったもの。選べない)が
適当についてきます。
お酒をオーダーするたびにタパス(おつまみ)が一つ付いてくるなんて……
タパスとワインがエンドレス。天国かここは。
まあメキシコなので忘れ去られてる時もあるんですけどね笑
まあご愛嬌。
 
いろーんな国のワインを取り揃えているので、試しに一杯飲んでみるのも楽しいです。
写真は女子4人で行ったときのもの。
 

四人でそれぞれオーダーしたときのタパス。おしゃれ。これがサービスなんて信じられない
 

ワインボトル(200ペソ〜)オーダーしたときは最強のタパスセットがきました。
もはや食べ物はオーダーしなくてもいいですね。
 

メニューにはケサディージャ(トルティージャにチーズを挟んで焼いたもの)、
ワカモレ(アボカドとチップス。大人数で楽しむとき最適。おすすめ!)、
食べ物系はどれも40ペソ〜80ペソ以内で気負わずオーダーできる価格設定。
おまけに付いてくるタパスはあえてオーダーするなら5ペソ〜からあります。
 

ちなみにおすすめは写真のパニーニだそうです。ほかほかサクサクで美味。
 
余談ですがオーナーは気のいいイタリア人でした!
サンクリで大体流行ってるお店って外国人がやってるんですよね。
でもま、ワインに国境はないので(?)
気軽に入れるおすすめのBar、ぜひ昼間から一杯やってください!!笑

 


Bar「La Viña de Bacco」場所


 
【立地】

 
↓↓ワインの味はよくわからんけどワイングラスはバックパックの横にぶら下げて歩きたい
(さすがに割れるだろ…)

Comments

よかったらコメントください!

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

内容をご確認の上、送信してください。

/* 画像サイズ最適表示 */ img { max-width: 100%; height:auto; }