Search Posts

キーワードで検索

 

閉じる

カンボジアに入国&再会!

カンボジア

こんにちは~

ただいまインド。
二月のバラナシ、プリーでの沈没期間を経て現在南インド。
まあ沈没中何をしていたかといえば遊んでいました。
…と同時に色々と考え事もしていました。
自分は旅日記の中で何が書きたいのかとか、ごちゃごちゃと….。
と、まあただそんな葛藤している暇あれば書けよ、って感じなのですが。
しばし立ち止まってました。
きっと単純なことなんだけどなー。
書きたいことやものだけ書きたいな。

ぼそぼそとすみません。
ではどうぞ!

私の日にちの勘違いでロイクラトンを見られなかったタイを経て、
(チェンマイからタイに戻り)カンボジアへ!
カンボジア入国までの流れを簡単に書いておきます。

7:00~バンコクのカオサン出発!
この時日本人お三方とも一緒に出発。
二人旅をしているカズマサくん(23)、リョウくん(23)と、
Rさん(男性・33)と一緒でした。

10:40~ガソリンスタンドにて休憩。
11:00~またガソスタへ。ど、どうした?
11:15~イミグレ前の食堂にて昼食。
ちょっと高めだったがクオリティのやたら高いパッタイだったわ…!
そのあとまたバンに乗り、イミグレまで。

12:50~タイ側のイミグレ到着。それにしても暑い…。


ボーダーにある、「cafe boder’s」。
ちょっと笑ってしまった。笑

イミグレではかな~り並ぶ。
ここではタイ入国時に貰った白くて細長い紙の半分を記入しておかないと出られない。
注意。

出国完了。外に出ると、ゲートが!


カズマサくんとリョウくん。

「KINGDAM OF CAMBODIA」
の文字を見てテンションが上がります。国境ってわくわくするなー!
門をくぐり、徒歩7分位歩くと、次はカンボジア側の入国審査!
この徒歩7分の間にはカジノのあるホテルやらが建ち並んでいて、
タイ側でもカンボジア側でもない場所というのがわかります。

カンボジア入国では旅行者がめちゃくちゃ並んでおり、
ゆうに一時間位はかかったが無事入国…!
そこでまたバス乗車。


無駄に並ぶ….。

15:00~ツーリストバスターミナルに到着。
ここでは旅行者がそれぞれバスかタクシーに乗り、
シェムリアップ市内へ向かいます。
私はなんの予約もしていなかったのでバスになるところを、
金にモノ言わせて(500B追加)タクシーに乗車させて貰いました。
(スイマセン)案内の人に「バスだと深夜着だよ」と言われつい。


休憩を挟みつつ。

17:40~シェムリアップ市内にとうとう入った!
と、止まった場所にリクシャ(人力のタクシー的な乗り物)が待っており、
私とRさんは(RくんとKくんは他のリクシャ)
タクシーからリクシャに乗り換え。
この一連のあまりに自然な乗り換えに、私はさきほど払った500Bに
ホテルまでの送迎も含まれてるのかと思ったのですが….。

するとリクシャに乗る瞬間同乗してきた日本語を話す怪しい男。
私はもう宿が決まってたのでそこに移動してくれと頼み
(今回マラソンに一緒に参加するみゆきさんが予約してくれていた宿)
Rさんも予約済みのホテルの場所を告げ、リクシャは出発。
走り出したリクシャの中で男は最初はにこやかに雑談….していたのですが
徐々にツアーの勧誘を開始!
それがまた「いかにも客を逃がさない」的な強引かつ執拗な勧誘で。
人のいいRさんは約束を取り付けてしまい、ホテルに着いたので先に降車。
私はツアー等には参加する気はなかったので
ホテルに着いた後丁重にお断り。
すると
「明日ツアーに参加するならこのリクシャ代はいらないけど
参加しないなら今5ドル払って貰うよ」
と男はしゃあしゃあと抜かしやがります。

うわー、タクシー代に含まれてなかったんかー
というか説明もなんもなかったし、
いやそりゃ確認しなかった私も悪かったけどもさー
と考えつつ、でも相場がわからなかったので3ドル支払い。
でもそれでも長い距離じゃなかったし、高い気したけど…

アジアを旅行してるとたーくさんいる、有る程度のレベルの日本語話す
客商売をしている人々。
ベトナムの市場でも日本語を話すお姉さんがものすごい値段ふっかけてきて
嫌な思いをしたことがあったなあ。
その時は、偶然ベトナムで出会った日本人がベトナムの大学で日本語教師を
している人だったので、勿論騙してきたベトナム人の女性が彼の教え子じゃないにしろ
「日本語教師の彼はベトナム人にそんなことさせる為に日本語教えてるんじゃないのに」
と哀しく思ったことがあったなあ。
自分の生活を向上させるために勉強してんだろうけど、
その覚えた日本語で日本人を騙したり、ぼったりするのは
ほんと止めて欲しい….
うーん…。少し苦い思いをしたシェムリアップ到着。


ちなみにコイツ。注意してね。犬飼ってるよ。

18:00~無事ホテル前に到着。

すでに数日前にカンボジアINしているはずのみゆきさん
(勤務地はシンガポール!)は丁度外出していていなかったのですが
その間に少しウロウロすることに。

カンボジアは2007年頃友達と一度来た事があって、
オールドマーケット周辺は多少懐かしさを感じ…..る筈だったのですが

ドギャーーーーーン。

なんじゃここー!

ドギャーーーーン。
なーんかド派手な飲み屋街になっとるー!!!


どこもかしこも!!


欧米人向けー!!!
(あの、すごいどうでもいいんですけど右のママ胸いれてますよね…?
すごいどうでもいいんだけど。教えて偽(ギ)パイハンター。)

な、なーんかどこもカオサンみたいになっていくのですね….
カオサンはカオサンで面白いからいいんだけど、
どこも均一化していく必要はないと思う….
まあ5、6年も建てばそら変わりますがな….
ああ諸行無常の響きあり….(詠み人知らず。)
と、シェムリアップで「平家物語」をそらんじる私。

そんなシェムリの変化を目の当たりにして驚きを隠せないまま、
でもしっかり目をつけてた肉まん(シェムリ在住の友達曰く「段ボール肉まん」)を
買い、宿に帰ると…..みゆきさんいたー!!


(左の女性がみゆきさん)

この日はみゆきさんとの再会を祝し、気のいい宿のスタッフさん達と
タイのお酒「SPY」を呑みながら夜は更けて行くのでした~。

ちなみにみゆきさんとは遡ること2008年、インド旅の時にバラナシで会った縁で
ずっと仲良くさせて頂いており、出国前は私の地元鎌倉に突然みゆきさんが来てくれて、
さらに旅行開始二カ国目のシンガポールでも時間貰ってて、更にカンボジアでも再会、
という会う場所が次々変わるなんともワールドワイドな(?)間柄です。

いやはや、無事カンボジアにも入国できたし、みゆきさんにも会えたし、
翌日はアンコールワット観光!

Comments

/* 画像サイズ最適表示 */ img { max-width: 100%; height:auto; }