サイトについて
これ食べた いきものだいすき 人間だいすき へんなもの
index contents 人間だいすき ミャンマーで出会った人
ミャンマー
ヤンゴン(1)/ マンダレー/ バガン/ インレー湖/ チャイティーヨー/ ヤンゴン(2)



【ミャンマー・ヤンゴン】

ヤンゴン空港にて。
空港で出会ってそのままタクシーと部屋をシェア、
その後何度も再会しゴールデンロックまで一緒に
行った台湾人のウェンディ。英語がペラペラで、
おおらかで明るく私の理解不能な英語も何故か
わかってくれる心の優しい持ち主。タイでも再会して
クリスマスに一緒にピザを食べました笑
写真は大量のチャットを持って笑うウェンディ。


ポロゲストハウスにて。
ガイドブックにも載ってない知る人ぞ知るどころ
ではないマイナー宿(?)ポロゲストハウスのスタッフ。
なんかここの宿館内放送みたいのがあって
スタッフさんがたまにぼそぼそ放送するのがウケました。
エレベータあるのにすぐ止まるしそれでも五階まで何度も
毛布やバスタオル届けてくれて皆親切だったなー。


スーレーパヤー周辺。
街を歩いてたら笑いかけてきてくれた
ミャンマー人の親子。
もう笑顔ほんとに素敵、ミャンマー人!



スーレーパヤー周辺。
街歩きしてた時にアイスぺろぺろしてた
男の子。ミャンマー人にも色んな顔つきの子が
いるんだね。かわいいー。



宿にて。
朝、朝ご飯に誘われてっきり宿の従業員かと
思ってついていって色々好意でこちらが困る位
色々買ってくれて、でもほんとは彼も地方から出て来た
ただのミャンマー人旅行者だったという笑
市場を案内してくれてた時のあのどや顔は一体!
でも彼の、失業者にも関わらず人に分け与える
姿勢に心打たれました。







【ミャンマー・マンダレー】

マン・ミョー・トーにて。
点心の美味しい店として有名なマン・ミョー・トー。
兄弟?若い男の子達がせわしなく働いている。
ガイドブックに載ってた若者本人が少し成長して
そこにいた。笑それに群がる更に年下のスタッフ達。
働け。笑


マンダレーヒルに行く道すがら。
マンダレーヒルに行くためサイカーをチャーター。
でも坂道で降りて走らせたり、やりたい放題。
でもサイカー漕がせてくれたりなんとなく
憎めないサイカードライバーのサイジョーさん。
いい人でした。



【ミャンマー・バガン】

宿にて。(これは遺跡)
宿にて出会った外語大の学生さん三人。
バガン半日観光のため馬車をシェアさせて貰う事に。
中央はタナカくん。ミャンマーの日焼け止めタナカと
同じ名前な為名前をいうだけでウケるとか。
ベトナムに留学中で、三人で旅する為にミャンマーに
集結。皆素直で向上心があるほんとにいい子達。
三人と遺跡を周れてよかった!ありがとう。


宿にて。(ここは仏像)
宿にて出会った三人の学生さんのうちの一人、
あやかちゃん。現在シンガポール留学中。英語が堪能
かつフランス語も出来る知的&可愛らしい才女。
努力家のあやかちゃんなら夢もきっと叶うだろうな
と感じさせるポテンシャルの高さ。
色々話聞けて嬉しかった〜!
むしろこちらが勉強させてもらいました。感謝。


宿にて。(これは遺跡)
宿にて出会った三人の学生さんのうちの一人、
とだくん。ラオスって呼ばれてる位のラオス好き、
かつタイ語のかなり話せる、彼、何者...。
バガン観光では夕日を見に行った遺跡で
ミャンマー人女子に絡まれ飴を奪われるお人好し
(その為キャンディおじさんと呼ばれる羽目に。)


遺跡にて。
遺跡で出会ったタイ人のJAM(写真左)
某有名ビール会社に勤めていて普段はベルリン在住。
その後何度も再会した時はドイツ人の彼も一緒でした。
バンコクに戻った時にイベントに誘ってくれたのに
腹痛で行けず...申し訳ない。とても洗練された雰囲気の
美しいタイ人女性なのでした〜。


ゴールデンミャンマーホテル周辺にて
宿前にある工房みたいなところ。
職人さんたちかな?何か作っているのか直しているのか。
みんないい笑顔なんだわ!!








【ミャンマー・インレー湖】

バガン〜インレー湖への移動バスにて
バガンからインレーへの移動バスの中で出会った
カズさん。そのあとヤンゴン・バンコクでも再会し、
誕生日だったので年越しに食べて下さいとどん兵衛
をプレゼント。そのあとネパールでの年越しにどん兵衛
食べてくれたらしく約束通りfacebookに
アップしてくれました〜笑ありがとうございます



バガン〜インレー湖への移動バスにて
バガンからインレーへの移動バスの中で出会った
ヒデさん。ミャンマー内はカズさんと一緒に二人旅。
既婚者のヒデさんはこれからアメリカを
奥さんとハネムーンドライブ...なんだそうだが
話を聞くと色々とものすごいぞ笑 
あのあとどうなったんだろー。



宿にて。
インレー湖一日ツアーに一緒に参加した
同じ宿の貴さん。数年前にすでに世界一周を終わらせ
転職の合間に気になる国ミャンマーに来たそう。
英語が堪能で落ち着いていて知的な雰囲気なのに
お笑い好き。でも実際話が上手なので納得。
かなり頭の回転が速いんだろうなーと。
チャイティーヨーへの冒険も一緒に行き、
のちにバンコクでも再会!



宿〜バス乗り場までのピックアップトラックにて。
オーストラリアに20年住んでいてかなりわかりやすい
英語を話してくれるアクティブな台湾人の王さん。
(写真右)の、割に食堂ではマイ食器を取り出しお湯で
滅菌してから使うという徹底(チキン?)ぶり。
旅途中ではおもむろにアボカド取り出して食べ始めたり
かなりワイルドかつ笑わせてくれるおっさんなのでした。
旅好きのおっさんが着るポケット沢山のベストからメモが
いっぱい出て来た時はベタベタすぎて逆に感動。



【ミャンマー・チャイティーヨー】

ゴールデンロックにて
山を下りるときに目の前に現れた近所の子供。
顔にはミャンマーの日焼け止めタナカが。
いい目をしてます。えへん。



ゴールデンロックにて
山を下りるときに目の前に現れた近所の子供。
この子はかなり日本人ぽい顔してますねー。
そしてやはりタナカ。



ゴールデンロックにて
山を下りるときに通った家に住む赤ちゃん。
みじろぎしない....後ろのテレビの画像と相まって
なんだか不思議な雰囲気になってました。笑








【ミャンマー・ヤンゴン(2)】

ヤンゴンの市場にて。
中央郵便局に行った後寄った市場にて。
なぜか日本語ぺらぺらのおじさんに出会い色々話を
聞く事に。日本語学校の情報を得たのだが
場所がわからず結局行けなかった....行きたかったなー。
行けなかったけど、おじさんありがとう。