サイトについて
これ食べた いきものだいすき 人間だいすき へんなもの
index contents 人間だいすき インドで出会った人
インド
コルカタ/ デリー/ プシュカル/ アジメール/ ジャイプル/ アーグラー/ カジュラホ/ バラナシ
プリー/ ハイデラバード/ チェンナイ(マドゥラス)/ マハーバリプラム/ クンバーコナム
マドゥライ/ ラーメーシュワラム/ カニャークマリ/ コーチン/ ウーティ/ マイソール/ ハンピ
ゴア/ ムンバイ/ アフマダーバード/ ウダイプル/ リシケシ/ デリー2回目




【インド・コルカタ】

サダルストリートにて
一見悪者風だけどチャイおごって
くれたり、バナナ喰らう姿が
コミカルなおじさん。



日本人宿パラゴンにて
パラゴンにて会った日本人の皆。
マザーハウスのボランティア組が多く
皆個性的で礼儀正しい学生さんが多かった



宿近くの道路
リキシャワーラー。小さくなって
マイカーの上でお昼寝。



宿近くの道路
と、それを撮影する日本人を見つめる
リキシャワーラーの先輩たち(多分)



宿近くの道路
ローカルカレー屋台の子供。
インドでは子供がよく働く!



宿近くの道路
ここもローカルカレー屋台。
仲の良さそうな親子。



宿近くの道路
謎のポーズの人懐っこい子供。
コルカタの人、好き。



パラゴンの屋上
サーランギーのプロの演奏家さん(ドイツ人)
大晦日に素晴らしい演奏を披露してくれて感謝



日本人宿パラゴンの皆
数日一緒に過ごし新年も祝った
気のいい日本人とカナダ人の皆。



ピュアミルクセンター
四年前に来たラッシーの美味しい店
に再来店。相変わらず美味。



アルミの器作りの作業場
一つ一つ手作りでアルミの入れ物を
作っている作業場に潜入。お兄さんいい笑顔



宿近くの道路
お菓子屋さんのお兄さんたち。
うーんみんなフレンドリーだなー。



宿近くの道路
バナナ屋のおじさん。
ポーズがおしゃれ。笑



市場にて
市場にて肉を切るおじさん。
身体、柔らかいな...。



市場にて
大きな肉を切るおじさん。
もはやパフォーマンス。



市場にて
このおじさんも、見事なナイフさばき。
見とれちゃいます。



市場にて
卵売りのおじさんたち。
ニカッと笑った顔が素敵。



ナントカ駅周辺
屋台でカレーを食べるお姉さん達
オリッサから来たとか行ってたような...



出会いはパラゴン(宿)
宿で出会ったゆうまくん。インドは二回目ですでに
かなりのインド通。日本を飛び出して次はワーホリに
行くそうな。旅の話や自分の話をとつとつと話して
くれるうちにまっすぐな人柄が伝わってきました。
また会えたら嬉しいな。



コルカタのレストラン・カルサ
ラッシーや手頃な値段のインド料理が有名なカルサ。
そこにいたスィク教の青いターバンと
シャツの組み合わせが似合うかっこいいおじさん!
思わず一人一人写真をお願いしてしまった笑



コルカタ駅にて
さーデリーへ!と向かったコルカタ駅にて
いきなり目の前に現れスマイルのおじさん。



コルカタ駅にて
ヘアバンド的なものが似合う少年。
インド人は撮られるのがお好き。



コルカタ駅にて
駅にて早朝のチャイを一杯。
元気のいいチャイワラのお兄さん。



コルカタ〜デリー列車間
隣に座ったインド人のおじさん。最初
怖そうだったけどいい人だった。笑



コルカタ〜デリー列車間
これまた同じ席に座ったお兄さん方。
右の人頭良さそうだった...ずっと勉強していた。



コルカタ〜デリー列車間
香港人のウェスト。インド人の彼?と一緒。
テンポのいい親切な子。また会えるといいな。



【インド・デリー】

安宿ナブランにて
ナブランで出会った日本人のシンジさん。
昔からバックパッカーで今も現役ばりばり
一人旅するアクティブなお父さん。
お正月なのにこんなインドまで来ちゃって大丈夫
なのでしょうか?笑 でもこんな行動的な
お父さんの背中見てたらお子さん達も
バックパッカーになってしまうのでは(笑)
お話できてよかったです。ありがとうございました!



パハールガンジ
四年前に、デリー着いた初日にここのラッシー
飲んだら嘔吐からの下痢になり体重がみるみる
減って行きバラナシで入院、急性胃腸炎と判断され
即入院という曰く付きのラッシー屋にリベンジ。
ドキドキしながら飲んだけど今回は大丈夫だったな〜
見るからにお腹壊しそうなラッシーの見た目
なんだけど。でもここの店員がテンション高くて
面白いのでまた行ってしまいそう。笑



パハールガンジ
トラクター?の荷台に乗りポーズとる子供達。
気付いてても何も言わないドライバー。



パハールガンジ
歩いてたら売店前でインド人が
写真撮ってくれと。どこでも人なつこい



パハールガンジの裏路地
ぺこっとへこんだスペースで絵を描く
おじさん。こんなアトリエ欲しい。



パハールガンジ裏路地
夏はラッシー、冬はホットミルクのお店。
コップ洗いするおじさん。ニコニコ



パハールガンジ裏路地
ホットミルク売りの少年。砂糖とミルク
撹拌の見事な技披露。お見事!








【インド・プシュカル】

シュリーパレス(宿)の近く
宿前にいた少年。ここに座れ!とか
カメラ貸して!とかよほど暇な様子。



宿近くのバススタンド
の、チャイ屋さん。笑顔はないけど
凛々しい姿。写真撮らせて貰った



ガート近く
「写真撮って!」と躍り出て来た少女。
ノリノリ。



ガート近く
写真好き少女の母親が出て来て「金くれ」
すると父親が「うちの奴らがすまん」と謝りに来た



レイク近く
沢山揚げ物を揚げまくるおじさん。
うーむ、インドはどこも揚げ物だらけ。



レイク近く
ホットミルク屋さんでミルク購入。
横顔の美しい少年。



レイク近く
ホットミルク屋の「」と「」
名前と見た目が個性的すぎるだろ。



バザール近く
煙草ふかしながらご機嫌で手つないで歩く
青年二人。なんか面白い



バザール付近
お祭りで貰える無料のパコラを貰い
「写真撮って」と言ったあと金請求。おいっ



バザール付近
ラッシーとはまた違うダヒ屋の屋台。
話しやすいおじさんだった。



プシュカルの小高い丘(山?)
息切らして登る山の途中でいたリッチそうな
インド人。追い抜かしたけど登れたかしら



バザール付近
ベジロールの店。繁盛してるナンパ男のいる方
ではなく繁盛してない方にいつも行っていた。



バザール付近
バザール付近ではよくこうしたオーケストラ部隊に 遭遇。ピアニカ...?キーボード?







【インド・アジメール】

寺院裏の路地にて
マトンカレーの店の男の子。
フレンドリーで笑顔がいい!



寺院裏の路地にて
マトンカレーの店のスタッフさん。
皆親しげだったなー



寺院近くの路地にて
床屋のおじさん。カメラ意識して
ちょっとシリアスな表情。



寺院近くの路地にて
通りがかりの路地で。
漫画のキャラクターみたい。



寺院近くの路地にて
通りがかりの路地にてチャイを一杯。
美味しいチャイだった!



寺院近くの路地にて<
ここも床屋。ちょっかい出すと
すぐさぼるインド人。



寺院近くの路地にて
縁側的な所に座るおじさん。
の、隣に吊り下げられる肉。



寺院近くの路地にて
インド人ぽいぎょろり目のおじさん。
アジメールは皆カメラを珍しがる。



寺院近くの路地にて
近づいて来た子供達。
男の子は似てるけど双子かな?



寺院近くの路地にて
ラム肉かな?肉屋のお兄さん。
肉屋大好き!



寺院近くの路地にて
ここも肉屋。ぶった切った肉が
ごろごろと。うーん凄い。



寺院近くの路地にて
目の前に現れたお兄さん。
ここは皆向けてくる視線がフレンドリー。



寺院近くの路地にて
お母さんと娘さんかな?
顔が似てるなー。



寺院近くの路地にて
リクシャのおじさん。
カメラ向けると友達呼んでくるインド人。



寺院近くの路地にて
ふと撮影したら面白い顔に
なっちゃったおじさん。



寺院近くの路地にて
ここは英語もあんまり通じないけど
みんな好意的な視線だなー。



寺院近くの路地にて
撮って欲しいー!みたいな感じで
駆け寄って来たおじさん。笑



寺院近くの路地にて
立派なヒゲをたくわえたおじさん。
ジャケットも決まってる。



寺院近くの路地にて
鼻高くてかっこいいお兄さん。
ちょっと照れてる!



寺院近くの路地にて
インド人仲いいよな〜!
インドは人との距離が違い!



寺院近くの路地にて
布屋のおじさん。
値段がついてる!良心的!



寺院近くの路地にて
肉屋さんの肉に囲まれたお兄さん。
肉屋のこの独特の匂いなんともいえない!



寺院近くの路地にて
背をぴんと伸ばして肉を切るお兄さん。
このあたりにも独特のむっとする匂い!



寺院近くの路地にて
頭の緑の布がまぶしいおじさん。
このへん肉屋ゾーン。



寺院近くの路地にて
撮影してたらいきなり
張り切り出したおじさん笑



寺院近くの路地にて
床屋のお兄さん。
手元のハサミみて!笑



寺院近くの路地にて
ニット着たおしゃれヤギ。
の飼い主さん。



寺院近くの路地にて
可愛がられてるけど言う事
聞かないヤギ。とその人々。



寺院近くの路地にて
ヤギ追っかけてたらついて来た人々。
そんな彼らをこう呼ぼう、「暇人」と。



寺院近くの路地にて
単品で写りたがるインド人。
インド人、写真ほんと好き....



寺院近くの路地にて
迷い込んだ路地にて。よく見ると
後ろの棚に人が....!



ダールガー近くの大通り
一見怖そうなお兄さんら。
でもカメラ向けたらご機嫌。



ダールガー近くの大通り
雑貨屋さんの仲良し兄弟。立ち話したけど
めちゃくちゃ良い人達だった









【インド・ジャイプル】

ヴィパッサナーセンターにて
プログラム終了後のスタッフさん。
お世話になりました!



ヴィパッサナーセンターにて
「写真送ってね〜」と言われたので
必ず送るよ!待っててね〜。



ヴィパッサナーセンターにて
一緒にプログラムを受けたインド人の
アユーシ。明朗でハキハキ、賢そうな子。



ヴィパッサナーセンターにて
終わって清々しい顔でパチリ。様々な国籍、
でも皆で同じプログラムを受けた大事な仲間達。



ヴィパッサナーセンターにて
三人しかいなかったアジア組。中国人のアン。
途中まで日本人だと思ってた....



ヴィパッサナーセンターにて
色々お世話になったスタッフのお兄さん。
良い人だったあ。



ヴィパッサナーセンターにて
プログラム開始前に沢山話してたおじさん。
動きと話し方がコミカルで可愛らしい。



ヴィパッサナーセンターからのバス
フランス人の面白く激しいおばちゃん。
嵐のような勢いでかなり笑わせて貰いました



ジャイプル市内
瞑想が終わりジャイプル観光。有名なラッシーの
「LASSI WARA」の本物のお店。



ジャイプル市内
通りがかりの建物の上から子供達。
「ハローハロー」



ジャイプル市内
がつがつ歩いてる途中果物を勧めてくれた二人
カメラを向けるとはにかみ顔。



ジャイプル市内
色んな形の砂糖を売る店の前にいた二人。
あの様々な形状に意味は...!



ジャイプル市内
お菓子「ペタ」を買ったお店。
気のよさそうなお兄さん達。



風の宮殿の裏
警察のおじさんたちと立ち話。
日本人だというと喜んでくれた



風の宮殿の裏
社員旅行?めっちゃテンションの高い
インド人ら。この後一緒に集合写真撮った



風の宮殿前
意外にペラい風の宮殿前で突然現れ
ポーズを決めてくれたインド人青年ら。



風の宮殿の帰り道
チャパティ屋さんの笑顔の素敵な青年。
チャパティ2枚お買い上げ〜。








【インド・アーグラー】

とあるホテルの屋上
ガイドブックに乗ってるホテルの屋上にて
チャイを。撮られたがりの少年。



ホテルシャージャハーンにて
日本人のちーやん。一人旅女子珍しいなと思って
話しかけたらなんと共通の友達がいてびっくり!
また再会するのを楽しみにしてるよー!



宿近くの路地
商店のちびっこ達。
珍しそうにこちらを伺う。



宿近くの路地
新聞を読む紳士。
静かな笑顔。



宿近くの路地
どこで撮ったか忘れた位(笑)
ナチュラルにカメラに入って来た青年。



宿近くの路地
チャイ屋さんにて。
「うちの二番目の息子だ」と息子自慢。



宿近くの路地
チャイ屋さんにて。
ここでぬるいミルク購入。



宿近くの路地
チャイ屋さんにて。
似てる兄妹!!



宿近くの路地
ここで壊れた貴重品袋を直して
貰いましたがちょっと高め!



宿近くの路地
チャイ屋さん前でしばし雑談した
おっさん。途中で話題が尽きた笑



宿近くの路地
「寺院にいこうよ」と誘ってくれた少女達。
でもいつまでも歩いても着かず途中でギブ



宿近くの路地
写真を撮れっとばかりにポーズ。
その後何枚も撮らされるはめに



シャージャハーン(宿)にて
フレンドリーなんだか慣れ慣れしいんだか、
でもやたら人数多い宿のスタッフ。



宿近くの路地
バックパックが壊れたので直して貰いに
テーラー屋さんへ。でもめっちゃ頑張ってくれたのに
「10Rsでいいよ」と言われ感激して「30Rs」払う。



ホテルRAJにて
シャージャハーン(宿)が良くなかったので
移動。ホテルRAJの屋上にて。



ホテルRAJにて
ここで20年働いてるというコックのジミー。
エロネタ満載で攻めてくるがどこか憎めないおっさん。



ホテルRAJにて
ホテルRAJのスタッフさん。一見神経質そうだが
とても親切で良い人だった。









【インド・カジュラホ】

ホテル・レイクサイドにて
ホテルレイクサイドの日本語ぺらぺらの
オーナー。色々親切にして頂きました。



ホテル・レイクサイドにて
きびきび働く気のいいスタッフさん達。
皆良い人でした。



ホテル・レイクサイド前の池にて
洗濯する女性と水遊びする少年。
目立ちたがり。



カジュラホの西群の遺跡
ガイドしてやる!と一方的に着いて来たが
最後はあっさりしてたしなんか憎めない親父さん。



カジュラホの遺跡巡りにて
迷い込んだ民家にて英語通じない家族と
記念写真。写真送る約束をしました。



カジュラホの遺跡巡りにて
迷い込んだ民家。家族がぞろぞろと。
真ん中の利発そうな少女が少し英語出来るっぽい



カジュラホの遺跡巡りにて
迷い込んだ民家。大親父さん。
尊敬されてるんだろうなあ。



ホテル・レイクサイド
同い年のリョウくん。
日本ではスポーツインストラクター。
夏は日本、冬は海外とメリハリある生活をしている
模様。南インド回るって聞いてたけど
会えなかったなー、また日本で!



【インド・バラナシ】

バラナシ野菜市場近く
前毎朝通ってた乳製品のお店のおじさん。
バラナシ来たら真っ先に向かいました。
変わってなくて安心。向こうは私の事
知らないと思いますが(笑)
そこからまた毎朝ダヒ(ヨーグルト)
食べに通うことに....



バラナシ・宿にて
大学卒業を間近に控えたシュウヘイくん。
タイトなスケジュールで世界一周中と言う事で
なかなか大変そうだったけどシュウヘイくん凄くしっかり
してるしその大変さも楽しんでるように見えました。
会社に入社してもきっと上司に可愛がられるんだろうなあ
と思わせる器量の持ち主。また出来れば日本で!


バラナシの野菜市場近く
写真撮って欲しそうなおじさん。
インド人、布を頭に巻かせたら世界一。



ガンガー沿い
パコラ(野菜の揚げ物)売りのおじさん。
味見させてくれたので何Rsかお支払い。



ガンガー沿い
ヤギ(級友たち)撫でてたら話しかけて来
来てくれたおじさん。良い人だった。



ガンガー沿い
バフ(水牛)使いのおじさん。あまりに写真
撮られるからお金取る事にしたようだ.....



宿にて(ここはシヴァカフェ)
宿で出会いガンガー沿いにて話しかけた二人旅のお二人。
(こちら高ピー先輩)しかも二人ともカメラマン!
高ピー先輩はゆったりしてて独特の雰囲気の持ち主。
めちゃくちゃローテンションに見えるけど
「今めちゃくちゃハイやで!」と始終言い張っていた
(笑)いや、ウソでしょ。かなり笑わせて貰いました!



宿にて(ここはシヴァカフェ)
宿で出会いガンガー沿いにて話しかけた二人旅のお二人。
こちら熊ちゃん。三人でシヴァカフェ行った時、
写真は好きだけどカメラに疎い私に簡単なカメラ講義
してくれたり親切&優しい熊ちゃん。高ピー先輩との
コンビ的なかけあいがすごく楽しそうでよかった!
日本で是非呑みたい二人。会えて良かった。



モナリザ(レストラン)
ベンガリートラ沿いにあるモナリザレストラン。
ここはパンも販売。明るくフレンドリーなご主人。(右)
ヨガやってるらしいけどお腹ぽっこりで微笑ましい



ババゲストハウス屋上
もはやガンジャ宿と化したババゲストハウスの屋上。
そこで集まる日本人の皆....たき火がいい感じだけど
プラスチック燃やしてケミカル臭がひどいことに



ガンガーにて
ガンジス河対岸で洗濯するおじちゃん。
近くでは食器洗い(浸け置き)してる人いるし、
改めてガンガーは衣食住、冠婚葬祭、人間の生活の
全てを飲み込む河なんだなと。



屋上カフェ
ふと入った屋上カフェにいた娘さん。写真に興味を示し
撮って欲しそうに。「服裏返しに着てるよ」と教えて
あげると「エークミネット!(1分待って!)」と
繰り返しながら着替えるので
これは(芸人的な)フリだと思いパシャリ。



宿にて(これはアッスィーガート)
結婚を間近に控え、独身最後の一人旅に出た清貴さん。
(後にプリーでも再会)顔はかっこいいのに
どこかドジな所があり、それに関するあだ名も
付けられる位はおっちょこちょい。
この写真は彼女に電話しなきゃいけなかったのに
日本時間を間違え(おっちょこちょい)ものすごい
深刻な顔してる一枚。そのせいで美味しいアップルパイを
ものすごい急いで食べるはめに。(それを後々私に
ネタにされ吹聴される事に。だってさあ〜笑)
そのあと国際電話で修羅場っていた。あー大変......
まあ冗談はさておき、幸せになって下さいね!!




宿にて(これはメグカフェ)
夕ちゃんを介して出会ったホッケくん。
(干物でない生のホッケを釣りに行って付いた
あだ名だそうな)ホッケくんもカメラマン。 今回はインドの「チャイ」に関する写真を
撮影しているらしい。それ以外はよっぽど心が
動いた時にしかシャッターを切らないので
そこまでフィルムの減りは早くないとのこと。
ニコニコ、ゆっくりした優しげな雰囲気の
ホッケくんはどんな写真を撮るのか?
気になるー!日本で是非拝見したい!




宿にて(これはメグカフェ)
九州出身の夕ちゃん。ウェディングドレスの
プランナーの責任ある立場に着き、惜しまれつつ
辞めたあとはワーホリへ。なんだか一緒にいると、
夕ちゃんの周りの人に対する気遣いとか、
相手を立てる話の返し方とか聞き方とか、
すごく勉強になるし芯の強さとか器の大きさとか
そういうものを感じさせるとっても素敵な女性。
女性が多い職場できっと沢山問題も起こった
だろうに、でも夕ちゃんみたいな人が上司なら
うまく職場も回るんだろうな〜と。素直に
「この人すごい!」と感じました。
ぶれない、かっこいい、でもユーモアも忘れない
素敵な夕ちゃん、また会えるとほんとに嬉しい!



宿にて(ここはモナリザ)
インド&ネパール女二人旅のさきちゃん。
二人とも看護士さんで旅をしたりワーホリ行ったり
働いたり。やっぱり資格職は強いなー。
この旅でかなり医療関係の旅人達に会いました。
さきちゃんはインド人に本名覚えられたくない為
違う名前使ったり、この写真もそうだけど
ちょいちょい面白いこと挟み込んでくる
女の子(笑)でもそろそろ結婚か?!
幸せになってねー!!




宿にて(ここはモナリザ)
インド&ネパール女二人旅のまりちゃん。
まりちゃんも看護士さん。今回は一緒にガンガーボート
に乗りました。てかこの旅していて思うけど九州の人って
なんでこんなに面白くて可愛くて性格いい子が
多いんだ?!九州男児を支える九州女子の名前は
ダテではありません。嫁にするなら九州女子!
まりちゃんもサバサバしててフレンドリーで
面白くて笑顔が可愛い女の子でした。
是非日本でまたお酒呑みながらしゃべりたい!



宿にて(これはモナリザ)
いかにも肉食系男子なりょうくん。
年上にも、可愛い女子にも臆することなく
喋る姿に素晴らしいの一言。帰国したら四月から
働くのだそうで、働いてまた少し変わったら
様子を見てみたい笑頑張れりょうくん!




ブルーラッシー
私今回ここ初めて知ったんですがこんな店
あったんですね!ココナッツやアップル、ザクロ、
バナナ、チョコ、ココア、色んなフレーバーを
組み合わせて木さじで食べるデザートラッシーの
お店。パフェとかの代わりにヨーグルトなんだから
こりゃ健康だ(でも砂糖の量ははんぱないけどね....)




ババゲストハウスにて
ここのオーナー(インド人)と奥さん(韓国人)の
子供さん。めっちゃ可愛いやんけっ!



ガンガー沿い
大勢のババを乗せて走るボート。ローカル船は
やたら人乗せてるけど一度乗ってみたいものだ
10〜20Rs位で乗れるという噂が(私らは最低40〜50Rs)


ガンガー
ボート乗りのポンカッチ。雑談の中で誰も得しない
嘘つくわむしろサービス悪いのに(普通でいいのに....)
金だけは請求してくる最悪な奴。どうしようもない。



ベンガリートラ路地裏
なんかのお祭り?だったみたいでオーケストラ隊。
こっちのパレードはほんと賑やか!



ベンガリートラ路地裏
パレードのオーケストラ隊のみなさん。
おじさんだらけなのがまたいいね(笑)



ベンガリートラ路地裏
おじちゃん、いい味出してるなー!
帽子も制服も決まってるね(笑)



ガンガー沿い
ヤギ写真撮ってたら捕まえて集合写真になってしもた。
ヤギかわいそう....(すまぬ。)



バラナシヒンドゥー大学近く
ちょっと立ち寄ったお菓子屋さん。
べったりクリームのお菓子を差し出してくれる
おじさん。これはまだ食べ易いインドのお菓子。



宿にて(ここはアッスイーガート)
宿で出会った世界一周中女子あいちゃん。
バラナシヒンドゥー大学に一緒に行ったり
本交換してくれたりお世話になりました!
日本国内色々移住したりしてるけど、
次はどこで会えるかな??



ガンガー沿い
ガンガー沿いの仔犬7匹をお世話してたあゆさん。
ベリーダンスを習っていて、こちらバラナシでも
スクールなどに通うなど本格的!勉強家だなあ。
雰囲気・オーラがすごく優しくて、一緒にいるだけで
癒される人。その大きな愛を人にも動物にも与えて
あげられるあゆさん。でも身体があまり強くないのが
心配。話をしてたら共通の知り合いがいて
びっくり!是非また日本で会いましょう!



バラナシのビシュヌ(宿)にて
旅中何度も再会してるひろとさんとルームシェアしてた
アスカちゃん。学生さんだけどカンボジアにいる彼氏に
会いにバイトして何度もアジア旅行に来ているとか。
う〜〜むしっかりしてる!!でもひろとさんと
居る時は常に甘えてて兄妹のようで、聞くと
一人っ子で姉か兄が欲しかったとのことで。
なるほど納得。にしてもしっかりしてる面と
女の子らしい面のギャップがすごい。笑
あと飲食系バイトをしているせいか
年上の人ときちんと話せるし。
私こんなに話せなかったよ!すごいぜ。



アラハバード行きのバス(ここはクンブメーラ)
アラハバード行きバスを探している時出会った
フランス人のブライス。紳士的な優しいフランス人
(写真左)偶然だけど日本人に囲まれてまくって
ちょっと肩身が狭かっただろうな....少し申し訳ない。
南インド旅しているとのことでまた会えたら嬉しい人。



クンブメーラテント
クンブメーラテントで出会ったテンション高め
インド女子。お父さん?おじさんがテントの責任者
だそう。ヒンディー語を少し喋ったら大興奮。
こういう子大好き。「うちに来てよう〜」と
言われたのだが次の日の夜までいなかったので
再会できず....また会いたかったな。




スパイシーバイツ(店)
元々ひろとさんと友達だったナカジ。
クンブメーラ旅仲間。話してるとふつーなのに
ひろとさん交えると急に小学生みたいになるナカジ。
いや、話してると普通なのにな....
カメラ向けるとふざけるし、多分この人シャイで
きっと中身はすごいまじめで我慢強い人なんだと
思われる。今度もっとまじめな話しよう!
また日本で、ナカジ。



ヨギニレストハウス
宿で元々斜め向いにいたユーゴさん。年上長髪男子
セクシー!!(何者)クンブメーラに合わせて
この長髪を切ったらしいのですがどうなったのかな?
日本ではウェブなどの仕事もしつつ最近では彫刻なども。
ベジタリアンで、30代後半なのに全然太らないんだと!
凄い。私の著書も短期間で読んでくれ、
「村作りたい」思想の話をしたら全く驚きもせず
聞いてくれた人。また興味深い話聞かせて下さい!




クンブメーラ会場にて
クンブメーラ会場にてチャイおごってくれた
インド男子。ありがとうー!



クンブメーラ会場にて
オーケストラ隊の一人。
頭の布の巻きっぷりみごと!



クンブメーラ会場にて
オーケストラ隊。握手求められて
撮影のシャッター音で応えた。



クンブメーラ会場にて
黙って携帯カメラ向けられて逆に撮ってやった。
珍しいのかもしらんけどせめてなんか一言いってくれ。



クンブメーラ会場にて
写真撮って欲しそうインド人。
この日寒くて完全防備でした....



クンブメーラ会場のテントにて
テントに泊まってたおばちゃんたち。
みんな控えめで良い人たちばっかだったな



クンブメーラ会場にて
お祭り気分でイエーなインド人。
撮って撮って!と大興奮。



クンブメーラ会場にて
調子に乗り銃を構えるインド人。
いや、ほんと怖いからやめて。



クンブメーラ会場にて
ローカルテント村にお邪魔。色々と説明
してくれた親切な設営スタッフの方々。



クンブメーラ会場にて
ローカル村で無料チャイをくれたおじさん。
そのあとコップは自分で洗浄、返却。



【インド・プリー】

バラナシ〜プリーへの列車内
夫婦で列車に乗っていたプリティバラ(右)
同い年で、インドにしては晩婚の彼女。
結婚の話になり、「インドでは若くして
子供を持つ女性が多いけど、それは良くない
と思う。女性もきちんと教育を受けるべき」
とのこと。とても奇麗な英語を話すので
聞くと姉妹がアメリカやムンバイで働いて
いるそうな。だから先進的な考えを
持っているのか。その考えが先進的とは
賛否両論ありそうですが、彼女は自分の
意見をきちんと持ってる人だなと感じました。
道中色々ご馳走してくれてとても良くして
くれたプリティバラ。また会いたい人。



サンタナロッジにて
私が行った時サンタナ滞在歴すでに
一ヶ月越えしていたうめさん。
のめりこむととことん追求する性格
らしく、幅広い分野の雑学(なんでも)に
詳しい。博学、物知り。森のフクロウの
ような存在(?)得意技は小学生
からやっているというタロットカード。
(一回100Rs.)皆占って貰ってました
(私も)話してると感じるんですが、
視点が偏ってないというか、悩み事の
相談をしたらすごく平等ないい答えを
くれそうな大人な考えの方。
あとエヴァ(アニメ)にも相当詳しい
ので声優とか聞くとすぐ返ってきます。笑
旅仲間で共通の知り合いがいて
びっくり。(いや、旅してたらまあ
不思議なことじゃないんだけど。笑)



サンタナロッジにて
なんかもう、プリーでもの凄い逸材に
出会ってしまいましたよ....。
現在サンタナに住まう藤原の兄さん。
スタッフともボランティアともなんか
違う絶妙なポジションにいるそうで、
私がサンタナに着いた当日「もう出てく!」
とオーナーに言ったらしいが色々あって
留まったらしい。インドに長くいるくせに
インド嫌い。とりあえずいつも丸まってるし
よく寝るし(それはいいか)急に黙り込むし
口にする言葉全部ネガティブでちょっと
考え方そのものが歪んでるんだけど
(すごい言い方)そのネガティブさ
を笑いに昇華してる凄い人。ネガティブを
笑いに変えるって最強のエンターティナー
だと思いませんか。でも本質はかなり繊細で
素直で、自身の持つ暗黒部分を人を見せられる
有る意味とてもピュアな人なんだと思う。
暗いともまた違うし。2枚目と3枚目を
行き来してて表情豊かな兄さん、俳優に
向いてると思います。骨格がカッコいい。
かなり笑わせて貰いました。
ありがとうございました。兄さんの
今後の動向を楽しみにしています。



サンタナロッジにて
実はバラナシで一度会ってたよーこちゃん。
その時たき火してて顔見えなくて、
一言二言しか交わしてなかったので
出会いはプリーということで。
もうね、ようこちゃん本当にすごい。
常にサービス精神旺盛、最強のムード
メーカー。笑い声が皆を幸せにする。
かつ自由人。話が起承転結きちんと
あって面白い。さすが私の大好きな
九州の女(笑)話すと根元はすごく
しっかりした人。九州を拠点にリハビリ士と
して医療の現場に6〜7年関わったあと
フィリピン留学を経て世界一周へ。
このあとはギリホリ(ギリギリワーホリ)
行くかどうなるか。サバサバしている
所とか見た目とか米倉涼子っぽかったので
言うと「米倉って言うなーっ!」て言うし
二人でチャリ二人乗りして出かけた時
(青春か)腰の肉モミモミすると
「腰の肉を揉むなーっ!」て言うし、
一緒にいるとよーこちゃんにツッコミ
入れすぎて笑いすぎて後半ノドが
ガラガラでならなくなって困りました。
(自分のせい)多分仕事ではツッコミ
多め、私生活はボケが多いのだと
思われる(知らんがな)
ようこちゃんのパワー
を持ってすればどこに行っても
大丈夫だろうなー。いつか一緒に
福岡帰ろうな!



サンタナロッジにて
一回バラナシで会ってるエミちゃん。
だけどサンタナに到着した朝、気付かず
「初めまして〜」って会話してました(笑)
ようこちゃんと二人で世界一周中。
出会いはフィリピン留学だそうな。
日本では歯科衛生士さん。なので
ふつーに歯の相談させて貰ったり。
髪切るのも上手だし、パン作るのも
(チャパティ伸ばすのも)上手。
歯とかちっさいもの治すから
手先が器用なのかな?凄い。
酒好き、猫好き。猫見つけると
二人できゃーきゃー言って
ました。(猫に飢えてる...)笑



宿近くのチャイ屋
チャイ屋のお兄さん。
サンタナでは毎朝6時からヨガを
してたんですがそれが終わると自動的に
チャイ屋に行ってグルグラという
セモリナ粉のドーナツ買ってました。
ここは地元の人に愛されてるチャイ屋
さんみたいでいつも盛況。
売ってるチェナポダ(オリッサ
でしか作られてない牛乳が原料の
お菓子)も美味しかったし。
たまにタイミングが合うと出来立て
のグルグラ買えてラッキー。
ワダ(マメが原料の揚げ物)とか
小さいサモサ、ウプマ(これも
セモリナ粉の軽食)なども販売。



宿近くのチャイ屋
先ほど説明した近所のチャイ屋さん。
兄弟でやってるらしく、どっちが
お兄さんか弟か最後までわからんかった
のだけど控えめに微笑んでくれる
二人に好感。ここに来るお客さんも
皆挨拶してくれてすごく
フレンドリー。
あ〜、またいきたい。



サンタナロッジにて
長期滞在組のモトさん。
日本ではタクシードライバーで
事故ってリハビリ中だそう。
それにしてもここをリハビリする
場所に選ぶセンスに脱帽。てか
ここまでよく事故った身体で
来たなーと感心。頻繁に果物を
ご馳走になりました。料理上手。



サンタナロッジ
二階に滞在してたリョウくん(写真右)
私らは三階だったので正直あまり
話せなかったのだが、日本では
カタイ仕事(信用がかなり重んじ
られる仕事)をしていたそうで。
でも彼ならなんなくお客さんの信用
勝ち取りそーだなーという感じの
目がキラキラしてる好青年。
また会えたら色々話し聞かせてねー!



漁村にて
日本人が珍しいのかあとを
付いてきた漁村の子供。
てかこっちの子供たまにパンツ
履いてないんだけど腰に
紐巻くのはなんかのお守りか
まじないなんでしょうか?
サンタナにいつも日本人いるから
我々は珍しくないと思うのだが
いつも浜にいくと囲まれる....



サンタナロッジにて
エジプトのダハブでダイビングを
教えてるゼンさん。生徒さんの数が
多すぎて、たまに旅先で会った人に
「〜でお会いしましたよね」と
言われる為最初に「僕人の顔と
名前覚えるの苦手なんです」と
言っておくそうな。笑
海外暮らしがもう何年にも
なるというすごい人。
共通の知り合いいそう..!と
思ったらやはりいました。
旅人の世界ってほんと広い
ようで狭い!エジプト行った
時はダイビング教えて貰おう。



サンタナロッジにて
世界一周中のまことさん。
ユーモアに溢れててコミカルな
動作がかわいいまことさん。
初日から色々出かけたり
コナーラクにも皆で行ったり。
いつも笑っててふざけてるけど
それが場の雰囲気を和ませて
くれる。何を話しても笑い飛ばして
くれそうな安心感のあるまことさん。
物乞いの子供にはきちんと
向き合ってお金をあげたり
その姿を見て変に肩肘張らないで
のびのびと広い心で旅してるなー
っていうのが伝わってくる人。
インドからスペインに飛んだ
まことさん、カレー恋しくなって
ないかなー多分なってるな。笑



サンタナロッジにて
またまた集合写真。
この中にHさんという方が
写っているんですが実は四年前の
インド旅(コルカタにて)で
お会いした方でして。四年前も
見た目の若さに驚愕したのに
再会した時むしろ更に若く
なってるような感じで又しても
驚愕。なんなんですか
サンジェルマン伯爵ですか。
(分かる人だけわかって)
あーびっくりした。
とっても不思議な人ですHさん。
またどっかで会える気がする....



サンタナロッジにて
優しげな雰囲気の師匠。
何してる方なのかと伺うと
陶芸をやっている方だそうで!
なので師匠と呼んでました笑
(勝手に)ご自分で作った
マイカップを持って旅されている。
これはパン制作なんだけど
陶芸の時に土をこねる
「菊練り」をしているところ。
(てか私が頼んでやって貰ってる
ところ。私も高校の時陶芸して
いたので見たかった...笑)
さすが陶芸家、腰の入り方が 違います!



サンタナロッジにて
酒豪のまいさん。
夕食の時、共有スペースにいる時、
いつもまいさんの傍らにはビール瓶が....
聞くと「ははあ、こういう人を酒豪と
呼ぶのだな」という酒豪っぷり。
ほんと、呑める人ってなんであんなに
大量に呑めるの?水曜は休肝日、
といって酒休みしてました。笑
でもそれ以外の日は呑んでるって
ことか....ひたすら凄いな。
となりのおじさんはテーラー屋の
おじさん。



サンタナロッジにて
これ夕食風景。
手前にいるのはドイツ人のバルト。
日本人と到着したから宿泊出来た
けど基本サンタナは日本人以外
お断りっぽい。こんなに
日本人に囲まれて大丈夫
だっただろうか....。
孤立してなかっただろうか....
などなど無駄に心配して
しまいましたわ



漁村にて
朝、浜辺に遊びに行った時。
照れるインド人女性ら。



漁村にて
フレンドリーに近づいてくる
インド人ら。皆良い人達だなー。



漁村にて
写真撮らせて貰ったおばさま。
漁村の女性達はよく働く。



漁村にて
頭にタオル巻いて。
海の男っぽい。



漁村にて
海の男!今日の漁は
どうだったんだろ...!



漁村にて
撮られたがりインド人の彼ら!
でもこの人なつこさ嫌いじゃない!



漁村にて
わーっと近づいてくる子供達!
たまに「1Rsくれ」と言われる!笑



漁村にて
網を整えてるおじさんと子供。
ほーら、カメラだよー



漁村にて
何が面白いのか子供に囲まれる我ら。
とりあえずパシャリ。



サンタナロッジにて
サンタナに滞在していた皆。
この日は鶏鍋パーティ。
ここはほんとに日本人ばっかり。
集合写真沢山撮ったなー。



サンタナロッジにて
サンタナのレセプション。
皆でわいわい。



学校建設ボランティア
ボランティアに参加した仲間。
夜、カレーを火にくべてる所



コナーラクのスーリヤ寺院
まことさんに頭部が大変似てる
お父さん。おとう....さん...?



コナーラクのスーリヤ寺院
寺院内を歩いてた時
写真撮って!と言って来た親子



サンタナロッジにて
17歳でインド一人旅してるシンくん。
17歳ですよ!!18歳は前バラナシで
会った事あったけど、17の時に
インド一人で来ようとか普通
考えます??本気で凄い。
たまに緊張でガチガチになってる
大学生とか見るんだけど、シンくんの
方がよほどリラックスして旅してる。
というかむしろ旅に年齢は関係
ないのかも。年上の人と話すのも
慣れてるし、ヨーコちゃんと
歳の差漫才(12歳差)みたいの
してたけど、ギリギリ失礼に
ならない所をわきまえてる。
(でも言い放った一言「なあに、
おばさん」はすごい破壊力。笑
てか十分失礼か笑)もっと17歳の
目からみたインドの話聞いとく
んだった!!



サンタナロッジにて
似たような日数をサンタナロッジにて
過ごしてた九州出身のゆり姉さん。
しぎさん、さわこさんと三人旅。
最初ほぼポーカーフェイスだった為
笑わない人なのかと思ったのだが
全くそんな事は無く話し易く
カッコいい独自の世界観を持つ
めっちゃ面白い姉さんだった。笑
目が琥珀色のようなすごく奇麗な
色をしてる。サンタナ滞在中に
32歳を迎え、でもこんな32歳
だったら良いなあと思う憧れの姉さん。
私も姉さんのように
どっしり構えてたいわ....。
また一緒にヨガやりましょう!
てかボディボード教えて下さい...




サンタナロッジにて
ゆり姉さん、さわこさんと三人旅
してるしぎさん。さわこさんの
旦那さん。学校建設ボランティアにも
皆で一緒に行ったのですが、
土運び作業では持ち前のリーダー
シップを遺憾なく発揮して
作業効率化をはかり、スムーズに
作業進みすぎて(スピードアップ
しすぎて)腰抜けそうになりました。
人をひっぱる気質の人なんだなあと。
将来はピザ職人になりたいそうで、
ボランティアのカレー作りの時
かまどがもう一つ必要になった時は
その辺にあるもの拾ってかまど
作り始めた時は「こういうこと
自ら発案・実行しちゃう旦那
見つけないとイカンな!」
と強く思いました。笑
またウユニで会いましょう!
あ、将来お店にピザ食べに行きますね!




しぎさんの奥さん。
格好よくてオシャレなしぎさんと 細くて美しいさわこさん見てると 「うわあ...結婚ていいわあ...」
と本気で思う、素敵なご夫婦。
何がいいかっていうと二人の作りだす
空気はもとより、ベタベタしてなくて
お互いの時間を尊重してるところが
素敵。さわこさん奇麗なのに
ユーモアに溢れてて「美しい
さわこさんがそんな言葉をー!笑」って
思う言葉位は言い放つ、美しいだけに 留まらないポテンシャルの人。笑
やっぱ九州の女性かっこいいわあ....。
芯があるもんなあ。あとよく人の良い所
見つけていちいち褒めてくれる。
よくモノクロの服(+差し色)を
着てた印象なのですがスタイル
いいから地味にならないのが羨ましい....。
また三人にお会いするの楽しみに
してます!



ラグラジプール(絵描き村)にて
絵描き村の絵描きさん。というか
彼はこの絵の葉っぱ担当らしい。



ラグラジプール(絵描き村)にて
15歳以下の子供だけが踊れるダンス。
皆男の子だそうです。驚き。



ラグラジプール(絵描き村)にて
女性の絵描きさん。色々周辺の工房
見たけどこの方の絵が一番丁寧で繊細だった



サンタナロッジにて
またも集合写真。
パクさん&みきさん出発の時。



サンタナロッジにて(ここは絵描き村)
絵描き村で買ったパタパタタイガーを
持って笑うケンタロウくん。
美術の有名大学出身で、
落ち着いてる雰囲気の
抽象画を描く絵描きさん。
ゆり姉さんの誕生日の時には
カードに絵描いてくれたり
(絵描き用の紙もくれた)
かつ楽器も弾いてくれたり、
マルチな才能を発揮!すごい
器用な人なんだろうなと思う。
ケンタロウくん本当に色々
ありがとうー!



サンタナロッジにて
パクさん(韓国人)とみきさん
(日本人)ご夫婦。パクさんには
一度バラナシで髪の毛かるーく切って
貰ってるのですがお互い名前も聞いて
なかったのでここに載せておきます。
(ちなみにパクさんは最初日本人と
思って話してた位日本語が堪能)
ご夫婦で旅されてるのですがパクさん
曰く「お金がないから定住できない」
とのこと。え、ほんとに?
と思ったのですが、話を聞いたら
日本と韓国の結婚てかなり難しいんですね....
ビザの関係もあるし。そんなパクさんは
旅模様を赤裸々に綴ったコラムを
韓国のあるサイトに書いてるのだとか。
読みたいな〜(ハングルだろうけど)
お二人の出会いと初デートの話も
衝撃的すぎるよ!でもきっとそんな
二人だから歳の差も国籍も国境も
関係なく仲良くやっていけるんだなと。
色んな夫婦の形がある。



サンタナロッジにて(これはバス)
東京で美容師しているランちゃん。
私が通ってる美容院の事も知って
ました。美容師業界って狭いのかな。
最終的には個人事業主として独立
できるようにとの方針のお店で働いて
いたとのことで、ビジネスについて
考え方がしっかりしてます。
笑い方もそうだけど、豪快、大胆。
でも色々話聞いてたらきっと
頑張りすぎるタイプなんだな...と。
ランちゃん、体調に気をつけて!
また旅の最中か、日本で!



サンタナロッジにて(これはバス)
サンタナに滞在してたメンバーと
コナーラクダンスフェスティバルへ。
このあと日本の曲大合唱でした...
お仏壇のはせがわのハモリ難しい



サンタナロッジにて(これはコナーラクビーチ)
サンタナに滞在してたメンバーと
コナーラクビーチでバーベキュー。
(参加費300Rs.)いやーまさか
インドでビキニ着るとは。
いやはや、騒いだわ。騒ぎすぎて
喉壊しました(バカ)




サンタナロッジにて
ゆり姉さんの誕生日を祝った皆で
記念撮影。色々ドキドキ
(サプライズだったので)
したし、なにより楽しかった!
皆様ありがとうございました。



サンタナロッジにて
インド人スタッフのモヘソ先生。
何故先生かというとパン制作の時
目分量で材料調合したり、色々指導
してくれた為。パン制作一度トライ
したけどあれ毎日はほんと重労働。
しかも翌日の食事の準備もしつつ
昼食の調理、それが終わったら夕食、
と常に料理してる気がします。
ドラちゃんとのコンビがナイス。



サンタナロッジにて
インド人スタッフ通称ドラちゃん。
(本名ドラマ)さっきも書いたけど
二人は常に料理してます。笑
あの量を二人でこなすって相当凄いし
二人の調理の腕はかなりのものだと
思われる....。二人のやりとりはもはや
「あ・うん」の呼吸なんだろうな〜
よくモヘソ先生がドラちゃんの
お腹をネタにして怒られている
とこをよくみます笑



サンタナロッジにて
外語系の大学生のめぐちゃん。
列車チケット待ちしてたら
いつのまにか結構長くサンタナに
居ちゃった様子。20台前半なのに
しっかりしてる!めぐちゃんは
あのままで居て欲しい。笑
うめさんと仲良し。よくゲーム
とかしてた印象。韓国語普通に
読んでてビックリした。優秀。
めぐちゃんが眉毛書いてる日は
何かが起こるぜえ?




サンタナロッジにて
二階組のゆうきくん。
正直そこまでしゃべれなかった
ので残念。時間ない中私の本を
読んでくれました。ありがとう。
帰国したら大学をやめるかも
みたいな話を聞いた
んだけどどうなったのかしら....



サンタナロッジにて
あやのちゃん、なおきくんの24歳
の二人。二人ともサンタナを拠点に
ボランティア関連の仕事をしています。
(その他は宿の仕事も)
あやのちゃんはいつも滞在者の皆に
イベント告知やボランティアの
人集めなどしてて大変そうでした。
紐のブレスレット制作ワークショップ
もしてくれて、後半「あやの先生」
と呼んでました。笑 なおきくんも
学校建設ボランティアやBBQの時は
引率とかお世話になりました...!
かなりしっかりしている二人。
二人の今後が気になる!



サンタナロッジにて
二階の住人ミエちゃん。同い年。
日本では幼稚園の先生だったそうで
毎日学校へボランティアしに
行っていました。絵本制作なども
宿の皆としてましたねー。
いつもニコニコしてて、こりゃ
子供の方から好かれるぞ〜っ
て雰囲気の、明るくポジティブな
優しい女の子。「子供好き」って
才能なんだなって感じる。
なんであんなに誰にでも
優しくできるのか....
ほんとに凄い。見習いたい。
旅はかなり初心者だからーって
言ってたけどミエちゃんなら
どこ行ってもどうにかなるし、
誰にでも好かれると思う!
又日本か海外で会おうね!




サンタナロッジにて
サンタナロッジオーナーの
フォクナさん。あの場所を
作り上げた凄い人。
日本語ペラペラ、もはや日本人。
ほんとお世話になりました。
ありがとうございました。
毎年やってる代々木公園での
イベント「ナマステインディア」
にNGOの方で出展している
そうなので機会あれば是非
行きたいです。



サンタナロッジにて
サンタナに住んで学校に日本語を
教えに行ってるあずささん。
自分の夢に向かって突き進む
凄くパワフルかつ働き者の女性。
オリア語でオリッサ人と会話
してるし、コナーラクダンス
フェスの時はインド人相手に
交渉してるし、かっこよかった〜。
そろそろプリーからは出てしまう
らしいけど、いつかまた
日本か海外でお会いしたい!



宿近くの売店
サンタナの滞在者がいつも行く
売店のおじさん。あやのちゃんの
事を「アヤノはシスターだー」
と言う(娘じゃないんか?!)
日本語を操りお札の計算は日本語。
すごい。愉快でフレンドリーな
キャラが人気を呼び売店にしては
繁盛していると思われる。
私が毎朝チャイ屋にいくように
なったのもおじさんが教えてくれた為。
なので後半は私を見ると「おっはまったな?
グルグラ!グルグラ!」と騒いでいた。
面白い、いいおじさん。










【インド・ハイデラバード】

市場にて
野菜とか売ってる市場らへんにて。
照れる少年。



市場にて
笑顔の素敵なムスリムのおじさん。
ハイデラ、ムスリム多かったなー



ホテル(レストラン)シャダブにて
南インド料理が美味しいホテルシャダブ。
スペシャルなビリヤニ(250Rs)を
取り分けてくれてる所。
最高に美味しかった!









【インド・チェンナイ】

チェンナイセントラル駅
南インドはチャイの代わりにコーヒー
というのを聞いており、駅で見つけて
早速一杯。砂糖の撹拌作業がお見事。



宿からエグモア駅に行く途中
電話&ゼロックス屋の親切&可愛いおじさん。
日本語教えてくれ〜と言われたが
いいワードは思いつかなかった。



【インド・マハーバリプラム】

海辺のカフェレストラン
友達のマサラワーラーが過去にイベントをやった
カフェレストランに遊びに行ってみた。
マサラ〜の友達だというと喜んで歓迎してくれた
気のいいインド人スタッフの二人。



クリシュナのバターボールにて
小山の上で一休みしてたらキュウリ売りの
おばあちゃんがよいしょよいしょと
登って来たので一つキュウリを購入。
おばあちゃん、足腰強いなあ。


バターボール近くの通り
歩いてたらいた車?機械?の修理工のおじさん。
日に焼けた肌&雰囲気がカッコいい。



宿近くの通り
チャイ屋のおじさん。見事なお腹!
あの中にはチャイの砂糖が詰まっているんだな



宿にて
宿にチェックインする時変なインド人スタッフがいて
揉めていた所助けてくれた世界一周中のアサカちゃん。
サバサバしていて付き合い易い感じの女の子。
なんとなく医療関係者かな?と思ったら当たり。
たまに放つシュールな笑いがツボ。
滞在中はご飯食べに行ったり色々周辺の情報を
教えてくれたり。今どこにいるんだろ?
そんなアサカちゃんのブログは↓
「干物ナース世界を旅する○世界一周編○」



宿にて
アサカちゃんと長らく一緒に旅していた
萌生(もいせい)くん。アサカちゃんと共に時々
ご飯食べに行ったりする仲に。そんな彼のマハバリでの
趣味(習慣?)は、海に釣りに行くこと。
地元ではちょっとした有名人になっていた様子。
一回大漁の日があったそうなのだが、なかなか難しい
みたい。とつとつと落ち着いて話す萌生くんだけど
インド人にははっきりした態度を示すらしい。笑
インド旅後半でデリーで会えそうだったけど
タイミング悪く会えず。またどこかで再会しよう!



宿にて(これはバターボール)
宿の隣の部屋に来たユウキくん。
大学の卒業前にトルコとインド一人旅。
何かスポーツやってるのと聞くと元々アメフト部
だったのこと。うおお!アメフト部!
それを聞いて質問攻めにしてしまった(笑)
ゆうきくん、年上の人に慣れてる感じで
常に堂々としている爽やか好青年。
まだ若いのにこんなにあご髭似合っちゃって
将来どんだけかっこ良くなるんですか!(笑)
年下でもこんなに格好いい男の子いるんだね〜と
アサカちゃんと話してました(笑)そらそーか。









【インド・クンバーコナム】

宿近くのローカル食堂
宿に一番近い食堂。
皆親切、いい笑顔!



宿近くのローカル食堂
ここのドーサ死ぬ程美味しくて
もっと通いたかった!



宿近くのローカル食堂
パロタ作りのおじさん。
職人技なんだなあ



宿近くのローカル食堂
ちょっとシャイなチャイワラの
お兄さん。照れてる。



宿近くのローカル食堂
色々親切に世話焼いてくれた
お店の優しいおじさん。



宿近くのローカル食堂
人なつこい女の子二人。
右の女の子、神様顔だな〜。



宿近くのローカル食堂
隣に座ったおばさま。親切に
色々聞いてくれた。ああ南最高だ。









【インド・マドゥライ】

ミナークシー寺院裏の市場
布市場のお姉さん。巧みな話術に
引き込まれストール購入。









【インド・ラーメーシュワラム】

ラーメーシュワラムの海
ここでは海水浴が「沐浴」となります。
あっついから沐浴日和。



寺院近く
御神輿担ぎの男性たち!
「どっから来たの?」と聞かれました



宿にて
宿で少し話した富裕層の夫婦。北から
来て、色んな場所を旅行中。









【インド・カニャークマリ】

カニャークマリ最南端の岬にて
シノちゃん(左)&トモちゃん。
最南端の朝日を見に行った海岸で南では滅多に会わない
日本人カップルを見かけたので話しかけてみました。
トモちゃんは世界一周中。日本に帰国したらカフェ
やろうと目論んでいる、今時の日本男子には珍しい
ジェントルマン。高いとこから降りるシノちゃんの
手を自然にサッと取るからね!普通に関心しちゃったよ!
(しかも嫌味無く!下心ナシ!)その後ハンピと
デリーと何度も再会した爽やか男子なのでした。
会えてよかった!楽しかったよ!



カニャークマリ最南端の岬にて
岬にて出会ったカップルの二人。
二人は元々タイで呑み仲間だったそう。
(二人とも無類のビール好き。夜三人で
呑んだけど美味しそうだった〜。)
シノちゃん(右)は大学生で、すでに日本で
就職が決まっててその休みを利用して
南インドに来たそう。英語も普通に喋れる
アクティブガール。礼儀正しく、そして豪快!
シノちゃんだけ先に帰国しちゃったけど
あの後トモちゃんから会社でばりばり
働いてるって聞いて嬉しくなりました!



ヴィーヴェーカナンダ岩にて
フェリーに並んでる時話したおばさん達。
皆人なつこくて可愛いんだな。



クマリ・アンマン寺院近く
寺院近くにてちょっと話した家族。
巡礼の旅の途中だそうだ。



【インド・トリヴァンドラム】

トリヴァンドラム→コーチン電車の中
電車で同じ席になった若い夫婦。
二人の服の色あいが素敵。いい人だった。



トリヴァンドラム→コーチン電車の中
ホームから凄く親切にしてくれたおじさん。
良く笑う明るい紳士だった〜。



【インド・コーチン】

カタカリ・ダンス劇場
コーチンの伝統舞踊カタカリダンスの
踊り手、メイク中。とても興味深い



宿の隣のバナナチップス店にて
近くで見てたら味見させてくれた。
ほかほかのバナナチップス初めて。



宿にて
宿の向かいの部屋に泊まってた出会ったアキネ。
コーチンで日本人なんて珍しい!
(といってもアキネはイギリスと日本のハーフ)
日本の最高学歴の某有名大学に通うアキネは
コーチンで大学の研究の教授待ちなんだそう。
そしてなんと共通の知り合いがいてびっくり(笑)
豪快で度胸があって、勢いのあるアキネは
聞くと若いのに色んな経験しててひたすら凄い!
何度もごはん一緒に行ってくれて
アキネのおかげでコーチンは楽しかったです。
ありがとう!又会おう!










【インド・ウーティ】

ウーティのニルギリ鉄道にて
隣に座ったおじさん。ドバイとかどっかに
出稼ぎに出てて今回は家族旅行だそう



宿近くの魚屋さん
山の上だけど魚は豊富!それとも
湖の魚かな...??



果物市場
中心地にある市場。果物・野菜・肉
なんでも売ってる。バナナ屋主人。



肉市場
市場の肉ゾーン。皆親切に
写真撮らせてくれて嬉しかった!



肉市場
ここは肉のチキンゾーン。
垂れ下がったチキンがシュールです。



肉市場
ちょっと目が怪しい輝きを放ってる
肉市場のお兄さん。いい人だったけど。



肉市場
仲のいーい仕事仲間の皆さん。
写真に大興奮!!



宿近くのテーラーショップ
壊れたバックパックを直す為に
テーラーショップへ。手早い!



【インド・マイソール】

マイソール市内
インドへ来たぞマサラワーラー!!ということで
日本でお世話になってる二人にとうとう会えました。
一度目の渡印からインドについての様々な知識を
深めることが出来たのは二人のおかげなので、
どうしてもインドで会いたかったんです。
しかもまさか南インドで会えるとは...。
いつも笑顔の武田さん(左)は可愛く且つパワー
溢れる極彩色のイラストを描くアーティスト。
鹿島さんはインドの楽器シタールを弾きこなす
プロレス大好き男子。二人とも楽器も弾いちゃうし
インド人も唸るインドフードも作っちゃうよ!
日本のみならず海外でもイベントを成功させ、
最近では雑誌にも良く載る話題の二人。
会うと確実にパワー貰えます。尊敬してます。
二人の活動はここでチェック→
「インド料理ユニットマサラワーラー」









【インド・ハンピ】

ホスペットの病院
ハンピから通ってたホスペットの病院の先生。
注射を打つ時気をそらすために質問攻めしてくる
おもろい先生。ゆるい雰囲気だけど多分腕はたしか。笑



ホスペットの病院
病院のナースさん。焦りつつ何度も
「その注射新しいやつ?!」と確認する私(笑)



ハンピの寺院巡りの途中
ヤシの実を売ってたおじさん。
ケガしてたけどどうしたんだろ?



ハンピの寺院巡りの途中
仲の良さそうな兄妹。
インドの子は小さくても「女」の顔。



ハンピの寺院巡りの途中
旅行中のインド人家族。
写真だいすき!



ハンピの寺院巡りの途中
赤ちゃん。かわいい〜。
しっかりした顔してるねえ。



ハンピの床屋
路上床屋。なんかいいなーと思い
写真撮らせてもらいました。



ハンピの湖
お椀型の船の船頭さん。
乗らんかね〜と誘われた



【インド・ゴア】

マナリゲストハウスにて
宿にて会ったタカシさん(右)とシュン(左)
シュンは外語大学に通う学生さん。英語ぺらぺら、
若いのに度胸があって人慣れしてる感じ。
ゴアに居るときは一日中カフェに居座って
次のヨーロッパ旅行の計画をひたすら立てていた(笑) タカシさんは台湾で6年美容師として働いて、
これから帰国して日本で美容院を立ち上げようと
考えているとのこと。なんとも凄い!
思いがけなく日本人に会えたので
誰かが出て行ってしまうまでのほぼ毎夜、
近くのレストランで呑む日々を送っていた。
楽しかったな〜〜。



海岸近く
海岸近くのお土産屋さんでみかけた
このパペット人形。
確実にいらないけど昔買ったことのある
人形に似ててなんか目が離せなかった...
まあ買ったら確実に荷物になるんだけどね。
嬉々として勧めてくるインド人。
なんで灼熱のゴアでこんなもの売るんだろ、
インド人の感覚、わからん。
嫌いじゃないけど。笑



海岸沿い
とうもろこし売りのおじさん。
ライムとマサラテイスト。美味!



マナリゲストハウスのオーナー
と、そのお孫さん?
ここの猫がおとなしくて好きだった



宿近くの小さい食堂
毎朝ドーサ二つとウプマ食べに通っていた店。
こいつどんだけ食うの?って思われてた多分。



パナジの市場
ゴアから行けるパナジの市場。
ここは肉コーナー。



パナジの市場
ちょっと終わりかけの夕方の市場....。
朝くればよかったなー。



パナジの市場
基本みんな人なつこい。
写真撮らせてくれる。



パナジの市場
ああ見事だ。
市場大好き。



パナジの市場
昼寝してるおばさま。
インド人女性、美人。



パナジの市場
俺を撮ってくれ!的なおじさん。
ポーズとるわけでもなし。



パナジの市場
彼も。とくにポーズとるわけでも
ない。けど撮ってほしいんだね



パナジの市場
カメラ持ってたらこっちも!
と撮影隊会。笑



パナジの市場
さっきの奥さんも昼寝中断して撮影。
ご夫婦。



パナジの市場
なんかちょっと絵になる肉屋さん。
内側に生きた羊がうぞうぞ



パナジの市場
肉がぶら下がってる様を見るのが
大好きです、はい



パナジの市場
今度は野菜市場。
掃除?のおばさん、休憩中。



パナジの市場
こちらのおばさんもチャイで
休憩。一服中。



パナジの市場
ピンクのサリーが目をひく女性。
ちょっと照れ笑い。



パナジの市場
「撮ってもいいわよ!」と立ちふさがる
二人のおばさん。なんか可愛いな。



【インド・ムンバイ】

ムンバイのとある寺院
旅行中の家族に写真撮ってと頼まれました〜
こちらも一枚パチリ。爽やかな家族。



ムンバイ散策中
仔犬と戯れる少年。
どっちもかわいいぜ。



ムンバイ散策中
立派すぎる蓮の花を売るおじさん。
意外に似合ってる。



ムンバイ散策中。
突如目の前に現れたインド人。
正直よく覚えてないけどパチリ。笑



マハトマ・ジョディバ・プールマーケット
いい笑顔で果物を売る
ムスリムのおじさん。



マハトマ・ジョディバ・プールマーケット
こちらもいい笑顔!
働く人は美しい



マハトマ・ジョディバ・プールマーケット
ここはバナナゾーン。無愛想だけど
多分これは撮って良いサイン(勝手に)



マハトマ・ジョディバ・プールマーケット
歩いてると色んな所から
声がかかるのでぱちりぱちり。



ムンバイセントラルポストオフィス前
中央郵便局前でパッキングの仕事をしてる
おじさん。すごーく親切にして頂き感謝。









【インド・アフマダーバード】

路上スイカ売り
カメラにはしゃぐおちゃめなお兄さん。
でもスイカを手で氷の上でこねくり回してて
食べる気失せた笑



路上チャイ屋
チャイ兄弟。この狭い空間に全てが
詰まってる。宇宙を感じる。



アダラジ・ダヴに行く途中
地下井戸アダラジ・ダヴに行く途中、
路上洋服売りの方々。



アダラジ・ダヴの中で
観光地では日本人珍しいのか、よく写真を頼まれる。
一緒に撮ったあとインド人家族をパチリ。



【インド・ウダイプル】

ウダイプルのパレス内
警備員さん二人。
影で休んでます。



ボタニカルガーデンの入り口
植物園の入り口の路上で
プーリ作ってる方々。



ボタニカルガーデンの入り口
そのプーリ(揚げチャパティ)
作りに参加させて頂きました。



ボタニカルガーデンの入り口
そこにいたおにいさんと
子供〜。みんな写真好き。



ボタニカルガーデンの入り口
家族でプーリ作り?皆フレンドリー。
仲のいい夫婦!



ボタニカルガーデンの入り口
女性はよく働く〜。
右の若い女性は笑い上戸。



ボタニカルガーデンの入り口
クルフィ(アイス)屋台のおじさん
暑い日にはやっぱりクルフィ



ボタニカルガーデンの入り口
鮮やかなサリーを見に纏う
おばあちゃん。



ボタニカルガーデンの入り口
最後にはチャパティを
御馳走になりました!美味!



ボタニカルガーデンの中
インド人男子グループと話す機会
があって、なぜかブランコ乗り。



ウダイプルの路地
丁度お祭り?があったみたいで、
それ見てた時話した笑顔の素敵な紳士



レイクパレスの見えるガートにて
お祭りの日はガートでショーが。
それを見ていたかわいこちゃん。ニコニコ



食堂にて
食堂のオーナー。マンゴーラッシー
を米にかけて食べてる。デザート風。









【インド・リシケシ】

裏路地
ヨガ終わりにサトウキビジュースを一杯。
頑張って作ってくれてます



宿にて
宿と宿付近に滞在してた一人旅ガールズ。
そこで会った子も、再会した子も。



宿にて
リシケシで出会ったひろちゃん(右)
(左はプリーで出会ったようこちゃん。) 都内の某旅人系バーで働いてるとのこと。
私もそこに行った事があるのだが
やはり共通の知り合いがいました!
別に料理好きって訳じゃないんですよ〜と
言いながらちゃちゃっと美味しい料理を
作ってくれる、優しい雰囲気が可愛い
ひろちゃん。(宿の台所を使わせてくれ、
二度ほどその料理を口にする機会があり
ラッキー!)宿の近くのヨガアーシュラム
に滞在して、きちんとヨガに通い勉強し
その後はヴィパッサナーも受け、今回の旅では
沢山の発見があったようです。素敵だなあ。
またすぐ会えそう!会うのを楽しみにしてます!



ビートルズアーシュラム
宿のドミで向かいのベッドだったYさん。
(写真だめと言われたけど顔写ってないから...ダメかな)
北海道出身の博学な30代前半男性。
政治・原発・環境・自然、(ついでに麻についても)
様々な分野に深い知識がありしかもそれについて
自分の意見をきちんと持ち合わせている。
話しててきちんと返せないことが多くて
申し訳なかったけどこういう意見もあるんだなあと
Yさんとの会話はいつも勉強になってました。
面白いことを思いついたら本当に実行すべく
行動するパワーを持ち合わせている人。
昔有名な外資系企業にいた時は相当モテたらしく
「綺麗目な格好して代々木公園とかで遊んでればモテる」
とのこと。ほんまかいな!(ここ皆メモ!)
面白い人に会ったな〜、北海道に遊びに行こう。




ガンガーのほとり
魚のえさ売りの女の子。
インドの子は大人っぽいね



ガンガーのほとり
きゅうり売りの親子。
しっかり外人価格。



宿にて
宿の台所を借り3時間かけて日本食調理。
各国の滞在者と日本食祭り!



橋のたもと
やる気のないひよこのおもちゃ売り。
ケータイみてるしね



宿にて
宿にいた、マーキュリー。
(クイーンのフレディマーキュリーに
似てるため勝手にそう呼んでた)
彼、毎朝縄跳びしたり筋トレしたり、
身体作りには余念のない様子。
みよこのムキムキ?の身体。
しかも彼紳士でユーモアがあって、
めっちゃいい人でした。
この宿楽しかったな〜。








【インド・デリー(二回目)】

二度目のデリー。
冬に一度デリーを通過した時会った
おじさん。なんかかわいい。