Search Posts

キーワードで検索

 

閉じる

またもフリーマントルでヤドカリ生活。長い近況。

またこないだの投稿から2ヶ月近くも経ってしまった…。
皆様お元気ですかー?日本は春だな〜桜だな〜。いいなー。
3月末はイースターでした。祝日四日連続!
かといっても男だらけのシェアハウス、とくに何がある訳でもなく。
変わったことといえば家主が家の大型犬プリンス(くさい)を洗ったらしく、
いつもより犬がちょっとしっとりしていたことくらい。わーすごい平和ー。
 
ここ最近(2〜3月)はというと、主に仕事場と家の往復です。
夜〜真夜中もしくは朝まで仕事して、帰宅して、寝て起きると大抵昼か夕方。
陽も暮れかけ、どこにも出かけられず(そりゃそうだ)仕事の時間まで
家の周りをぐるぐるぐるぐるぐる歩き回って汗かくか、
時々スーパーにほんのちょっとしたものを買いに行く。
そしてまたチャリをしゃこしゃこと漕いで仕事へ向かう。その繰り返し。
といったまさに無味乾燥な日々を送っております。
 
なんだか「毎日仕事と家の往復……はあ、なんかいいことないかな、
彼女(または彼氏)ほしー」と言っている日本の若者のことを思ってしまった。
こういう感じ?こういう人いるよね?(誰?)
 
時折、都(city)まで降りて日本食材屋の不二スーパーなどにも出かけてみるのですが、
語学学校に通いながらcityのジャパレスなどでバイトをしている(多分ね)
華やかで楽しい暮らしを送っているであろう日本人たち(大抵グループで行動している)と
すれ違うとなんだか挙動不審になってしまいます。
 
夜な夜なパソコンを開いて銀行口座の貯蓄額を眺めるのがなによりの楽しみ(暗!)の私と比べたらまあ雲泥の差。
ワーキングホリデーの過ごし方は利用する人の数だけあるとはいえ、
彼らの過ごし方の方が正しいと思えてなりません。
でもまあ出稼ぎワーホリだから、ある意味私にとってこの生活は正しいのかもしれませんが…。
(cityにいるとなんだかんだお金使っちゃいそうだからね)
でもこんな生活してると必然的にストレスは溜まるわけでそれに加え私生活でも問題があり、
今月初旬は怒り心頭ウィークでした。
 
勤務時間分の給与を正しく支払わないエージェントに烈火のごとく怒り狂い、
職場のコリアンガール(いつも凄い強気で凄い働き者)とガチンコで口論し
(そのあと和解。関係が良くなりました。言ってよかった!!)、
シェアハウスのオーナーに不満をぶちまけ(和解…?)、
愛する旦那佐藤さんとは今後の進路のことで激しく話し合い
(これは喧嘩じゃないけど)、
自分と自分の肌が荒れまくり、下っ腹に鉄の重りを仕込んだような日々でした;
なんで私こんな怒らないかんの?って位ファイトしてました。
それにしてもなんで人に怒る(抗議する)のってこんなにパワーがいるんでしょうか。
自分をさらけ出さなきゃいけないからでしょうか。
本当なら怒りたくない。でも怒らなければいけない時も多々ある。それが一人海外。(日本もだけど)
 
そんなこんなの三月ですが、生活に慣れてきて周囲を見渡した時、
色んな面でストレスが溜まっていることに気づいたので、
これではいけない環境を変えよう、とのことで引っ越しをすることにしました。
住む場所ってかなり大事ですよねー。
ここに引っ越ししてから薄々難ありシェアハウスだなと感じてましたが、
引っ越そうと思った一番の理由は文化の違い?というのだろうか…。
 
というのも、フィリピン人シェアメイトが
ちょいちょい私の食べ物を勝手に使うのに嫌気がさしてしまいまして…。
ここに来た頃からあれ?こないだ買った炭酸飲料どこ行ったっけ…
食べ物の位置が変わってる??みたいな事は何度かあったのですが。
本人に注意しても、きっと「シェアハウス=食材もシェア」という感覚なのでしょう、
悪気がなく、やめてくれない。(ちなみに私は彼の食べ物を無断で使ったことは一度もありません。)
 
挙句の果てに私の高いアイスクリーム(※セール価格で購入)を勝手に食べやがりました。
あああ……盗られたのがアイスでなければまだここに居たかもしれない。
私がどれだけ節約してるか、どんな思いでアイス買ったか、
セールになるのをどれだけ待ったか、彼は知らない。
(というか、たかがアイスで……下らな過ぎて、己の心が小さすぎて、知って欲しくもない。笑)
でもアイスを勝手に食べられたとわかった時「あ、出よう。」と思いました。笑
欲しいなら一言言ってくれればいいのになー…信頼関係が出来る前にそれをされてしまったらそれはシェアではなく、バックパッカー宿で他の旅行者に食べ物盗られるのとさほど変わらないと思うんですよねー。
 
でもまーこれが普通なのかな…オージーのシェアハウスって…。
まー他にも「汚すぎる(綺麗にしてもすぐ汚くなるので綺麗に保てない)」、
「ダニ被害を私のせいにされた」など色々ありましたが
(愚痴のオンパレードになるからやめとこ)、もうここもそろそろ満4ヶ月になるし、
日本人がいる家を探してみよう。とオーナーに四月頃でまーすと伝えました。
一応行くアテはあったものの、一応探して見ようとmixiとGumtree(オーストラリア国内なんでも売り買いサイト)を駆使して家探し。
今のところがオージーシェアハウスなので、次は日本人がいるところにしよう!と意気込んで探してみたものの、…ない。
そうだ……私が住んでる地域(Fremantleエリア)は日本人が殆どいないんだ……忘れてた…。
いや、居るのかもしれませんが、シェアハウスの募集かけてるおうちが少ないんですよね。きっと。
 
数件見学に行きましたが、なんせ自転車という超アナログな交通手段しか持たないわたしに場所&値段ともにいい条件のシェアハウスなどそう簡単に見つかるはずもありません。
毎日仕事から帰ってきて、朝日を浴びながら血眼でGumtreeとmixiを眺めること数日間。
 
いくつか見学に行ったうちの、記念すべき一件目の家がすごい強烈な家でした。
立地と値段は最高なんですけど、なんかもう家っていうか、掘っ立て小屋?
つぎはぎだらけのDIY感溢れるよく言えば趣のある家(ってただボロいだけ←言っちゃった)
その日案内してくれた男性もちょっと心配になるような上半身裸のタトゥーだらけのオージー男性。
(※オージー男性、すぐ服脱いじゃう。すぐ裸足で外出しちゃう。)
家の案内をしてくれながら突如複雑な身の上話をちょいちょい差し込んできたりして突っ込みに困りましたが、いい人だったと思いたい…。
ちなみにここには鶏軍団がいて、時々卵産むから「Free egg sometimes」なんだそう。
う〜んそれはいい。
あと猫もいました。それもいい!!
あとルンバくん(お掃除ロボット)がいた!
…あんな掘っ立て小屋なのに!(失礼極まりない)
 
あーもーどーしよー!!
アー、自分で決めた引っ越しだけど、いきなり憂鬱。
ヤドカリ生活は不安がいっぱいです。
毎回家を見学したあとの帰り道、壊れかけのチャリを漕ぎながら、
「空き家とかで家をとにかく綺麗にするから水道電気代だけで住まわせてくれるところとかないのかなー、ないよなー、一応パースだもんなー。」と自分勝手な妄想をするのでした。
というか私が車に乗れれば(乗れるけど絶対事故る)全て解決するんですけどね。
私も死にたくないですからね。
 
引っ越し寸前まで最後の悪あがきとばかりにmixiとGumtreeをもー穴があくほど、
眺める、見つめる、探す探す!!一生分眺めた、Gumtree。
もうGumtree見すぎて、Facebook見てても読み物系サイト見てても「こんな物件あるよ!」ってGumtreeの広告が挟まれるようになってきて、つらい。笑 
もう夢にすら出てきそう。というか、家のことが気になって眠れない。(小心者)
 
引っ越し寸前(二日前)まで見学に行きましたが(往生際悪!)
狭い家にインド人青年二人と住まなきゃいけなかったりとか
(今の私はオージーよりインド人と住みたい気持ちでしたが)そうこうしてるうちに、
あーーーもーーータイムオーバー!!
気持ちを決めるときが来ました。
 
今日、先述の掘っ立てシェアハウスに引っ越しです。うわあ。
悩んだ挙句ここかい!!
朝から掘っ立て小屋の住人からチャット感覚ですごいどうでもいい内容のメールがばんばん来るんですけど、大丈夫かな…。
頭おかしい人だったらどうしよう。笑
という不安を胸にお引っ越し。
(というか今日引っ越しで今さっき落ち着いたところ)
変な家だったらまたレポートします。
 
というか、もう、ほんとは一秒でも早く帰国したい。
もーほんとはもう笑えない位、人生で初めての深刻なホームシック。
オーストラリア、肌に合わないみたいです。というかオージー(の男性)がダメみたいです私。;
ああ、日本人と日本語で会話したい…。
でも一応7月に帰国のチケット取ったので
(大事な友達の大切なイベントがあるので…本帰国か一時帰国かわからないけど)それを目標に頑張ります。
そして、パース来る方、お待ちしていまーす!
(そうそう行かないーー!)
 

こちらが今日越してきた新しいお部屋。ついていきなり家具移動。古い家だけど、手入れはされている様子。… 静かに快適に楽しく暮らせるといいなあ。。
 

こちらが四ヶ月いたシェアハウスのマイルーム。掃除して、ベッドメイクして出ました。そしたら四ヶ月間一度として私が部屋を綺麗にすることに関してなにも言わなかったチャーリー先生(オーナー)が喜んでいたので、あ、もういいかと思いました(なにが?)
/* 画像サイズ最適表示 */ img { max-width: 100%; height:auto; }